■「ふじ門製麺」魚だしらぁ麺@奈良 馬場町

 

【飛行機に乗って麺の旅】112軒目
奈良2日目。ホテルのモーニングを軽く食べ終え、奈良公園を散策。予想以上の鹿の多さに驚く。
月曜日だが、東大寺、春日大社周辺は朝から観光客でいっぱいだ。

午前中は、春日大社から5分ほど馬場町の「ふじ門製麺」を開店時間に合わせて訪れる。国産食材にこだわり、自家製麺・無添加で評判の店だ。

メニューは「魚だしか豚だし」、「細麺、中太麺」から選ぶことができる。「魚だしらぁ麺」細麺(780円)を注文する。

 

センターの豚バラチャーシューの上に白髪ネギ、野菜、海老。味玉と刻んだ玉葱がきれいに盛り付けられて美しいスタイル。

まずはスープからいただく。北海道産の真昆布と鯖節の香りが引き立つ淡麗なスープが旨い。
魚介系無化調でここまでコクのある贅沢なスープは見事である。

 

自家製の細麺はどこまでも優しく上品。スープとの相性がよく、まさにベストマリアージュ。麺は少なめなので、大盛(20円増し)をオススメしたい。

チャーシューはトロトロ、玉葱のシャキシャキした食感もいい。繊細で丁寧に作られた素晴らしい一杯。
おいしかったです。ごちそうさま。

 

「ふじ門製麺」/奈良市馬場町11