松本「信州そばとラーメンと」/前編


わざわざ飛行機に乗って、長野県松本に麺を食べに行ってきました。

「飛行機で松本に?」

もちろん東京から飛行機で松本には行けません。東京からなら、「特急あずさ」でしょ。

そもそも、長野県に空港が存在することが、あまり知られてない。

その名は松本空港。愛称「信州まつもと空港」の歴史は古く、開港は1965年。

現在は年間を通しての定期便はなく、JAL及びフジドリームエアラインズ(JALコードシェア)が限定で札幌福岡神戸などに就航している。

今回は、8月の1カ月間だけ毎年運行しているJAL「伊丹から松本」への便を利用。

そのため前回の「奈良」からの帰りは、伊丹から東京ではなく松本に。1泊麺の旅である。

 

飛行機データ

●伊丹-松本 08:40-09:30 JAL2271便 (普通席) ウルトラ先得9,960円
(2019年搭乗実績/JAL33回、ANA1回、天草エアライン1回)
 (※宿泊費別途)

 

【今回のマイル】 伊丹-松本の通常マイルは「183」
●伊丹-松本
フライトマイル:183×75%(先得)=137マイル
ボーナスマイル:フライトマイル(137)×105%(サファイア会員)=144マイル
137+144=281マイル

 

■奈良から高速バスで伊丹へ

 

伊丹08:40発松本行きの便に乗るために、早朝にチェックアウト。奈良駅06:35発の高速バスに乗り込む。07:45分着予定。新しくなった伊丹のサクララウンジで過ごす時間がありそうだ。

高速に入るとすぐに爆睡。運転手のアナウンスで目が覚めると、バスが止まっている。朝の通勤ラッシュに巻き込まれ動かない。20分ほど遅れるとのことだ。大阪市内に近づくにつれさらに動かず、ほぼ停車。

渋滞がひどく30分から40分ほど遅れるとの再アナウンス。小雨が降ってきて、イヤな予感、、、。

麺の旅始まって以来、飛行機乗り遅れか、、、。

最悪の事態もよぎったが、幸いに大阪市内の梅田を抜けると急に流れ出し、08:12に到着。

時間の余裕はなかったが、リニューアル後は未訪のサクララウンジによる。

かなり広く、スタイリッシュでキレイになったラウンジは、ビジネスマンで溢れている。

僕は、とりあえずビール!(笑)。滞在わずか10分(笑)。