■マイラーの終わりなき麺の旅は続く。

 

蕎麦、ラーメンともに満足の1泊2日。松本から東京へは飛行機では帰れず、電車かバスになる。いずれも新宿着。帰りは特急「あずさ」!と思っていたが、特急の自由席が廃止され、すべて指定席のみになり6,500円と高くなった。所要時間は2時間40分ほど。

 

バスは酔うので苦手なのだが、3,800円は魅力。駅前の格安チケット屋でさらに3500円に。

 

結局、懐さびしい自腹旅。3時間30分のバス旅を選択したのだが、、、。

 

ああ、やはり「あずさ」だったかな。酒では酔わないのに、案の定車酔い。

 

車内で飲もうと思った信州ワインカップとつまみに手をつけることもなく、、、。

 

そして大雨の中央道は大渋滞。八王子からまったく動かない。酔いは酷く、トイレのない高速バスで、ああ最悪。

 

もちろんバスのせいじゃありません。バスのリスクは重々わかっての選択。

 

予定よりも大幅に遅れてバスタ新宿に到着。夕方からの打ち合わせにも遅れてしまう、、、。

 

【飛行機で麺の旅2019 vol.17(松本編)/前編 】はコチラ。

 

この旅で、JALの搭乗回数は2019年33回。
福井から始まり、久留米天草尾道福山三原松山青森山形金沢札幌小樽京都三重函館大分奈良、松本、、。

 

オヤジマイラーの終わりなき麺の旅は、まだまだ続く。
次回は、伊丹から飛行機に乗って北九州・小倉に。
終りゆく夏競馬とセンベロ呑み歩き。いや小倉ラーメン食べ歩き!

 

(※データは2019年9月取材当時のものです)