文/光瀬憲子

 

 台湾人が日常的によく食べているものを紹介するシリーズの4回目は、日本人にも人気があり、日本でも認知度が高くなった魯肉飯(ルーロウファン)。最近は、台湾には行ったことがないが魯肉飯は知っている、という人もいるだろう。

台湾北東部の町、礁渓の『八宝冬粉』の魯肉飯。あっさりとした味付けでもりもり食べられる

■魯肉飯だけを頼む台湾人は稀

 魯肉飯はまさに台湾人のソウルフードだ。日本人は魯肉飯をひとつの料理として意識しているが、台湾では日本人が食堂で頼む「ライス」に近い存在。日本で見かける魯肉飯は、たいてい大きな丼に盛られていて、白米の上に豚の角煮がたっぷり乗っているので、それだけで一食が成立する。位置づけはラーメンのようなものだ。

台南の無名の屋台で出合った魯肉飯。肉でんぶもたくさん乗っていて甘めの味付け。若者に人気だった