■マイ・ベスト魯肉飯

 台湾人にはたいていお気に入りの魯肉飯がある。どの町にも魯肉飯を出す店はあるが、肉の脂の量だとか、味付けだとか、店ごとの特徴がある。

 台湾各地でいろいろな魯肉飯を食べたが、台北の隣の三重にある『今大魯肉飯』や、礁渓の春雨の店『八宝冬粉』の魯肉飯などは、そのためだけに足を運びたいほど美味しかった。たっぷりと脂が乗り、やや大きめに刻まれた豚バラ肉。脂が多いわりには口の中でふわりと溶けて、ギトギトした感じを残さない。味付けはしつこくなないので、他の料理との相性もよい。

三重の『今大魯肉飯』は上品な味付け。サイドメニューも凝ったものが多い

 日本では台湾で食べるような魯肉飯にはなかなか出合えないので、ときどき家で魯肉飯を自作するようになった。台湾ロスはつらくもあるが、台湾料理を自分で作ってみて、材料や味付けを知るいい機会にもなっている。バランスのよい魯肉飯を作ることがいかに難しいかを痛感する日々である。

魯肉飯のある店にはたいていこんな大きな鍋がある。こちらは自宅で豚肉を煮込んだときのもの。卵もいっしょにコトコト煮る
 
我が家の魯肉飯定食。自宅なのでビールも添えるが、台湾では魯肉飯を出す店でお酒を置いている店は少ない

*本連載は月2回(第1週&第3週金曜日)配信予定です。次回もお楽しみに!
 

*文庫『台湾一周!! 途中下車、美味しい旅』好評発売中!!

著者の新刊が双葉文庫より好評発売中です。『台湾一周 途中下車、美味しい旅』、全国の書店、インターネット書店でぜひお買い求めください。

taiwanshoei1
『台湾一周‼ 途中下車、美味しい旅』(双葉文庫) 著:光瀬憲子 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾の美味しい調味料 台湾醤
台湾の美味しい調味料 台湾醤

「眺めて楽しい台湾食文化の本」第二弾です。テーマは中華系料理に欠かせないペースト状の調味料である「醤(ジャン)」。30個の食材をもとに、醤を手作りする方法や醤を使ったレシピをグラフィカルに解説。台湾食文化のエッセンスを暮らしに取り入れれば、おうち時間が少しだけ充実するはず。(翔泳社 刊)

 

紀行エッセイガイド好評発売中!!

taiwanshoei2
台湾一周!
安旨食堂の旅
taiwanshoei3
台湾縦断!人情食堂と美景の旅
taiwanshoei4
台湾の人情食堂
こだわりグルメ旅
taiwanshoei5
台湾グルメ350品! 食べ歩き事典