■アボカドと枝豆のホモス風ペーストのレシピ

さて今回の料理はアボカドと冷凍の枝豆を使った「アボカドと枝豆のホモス風ペースト」。ホモス風と書いたのは、ホモスとはひよこ豆のことを指すので、ひよこ豆を使っていないこの料理はホモスと呼べないからだ。しかし、冷凍の枝豆は手軽だし、仕上がりも鮮やかな緑色でおすすめだ。

■アボカドと枝豆のホモス風ペースト
【材料:作りやすい量】
アボカド:中1個(200g)
冷凍枝豆:150g(さやつき)
おろしにんにく:1かけ分
レモン汁:大さじ2
タヒーニ:大さじ2
塩:小さじ1/4
蜂蜜:小さじ2
EXVオリーブオイル:大さじ2
松の実:大さじ2
スペアミントの葉:少々
黒胡椒:少々
赤唐辛子粉:少々

【作り方】
1.アボカドは縦に包丁を入れ、種を取り、皮をむき、ざく切り。冷凍枝豆は流水で戻し、さやから豆を取り出す。
2.フードプロセッサーにアボカド、枝豆、おろしにんにく、レモン汁を入れ、撹拌する。シリコンベラを使って、フードプロセッサーの中身をかきまぜ、全体がなめらかになったら、タヒーニと塩、蜂蜜を加え、ペースト状になるまで更に撹拌する。
3.丸皿に平らに盛り付け、お皿を回転させながらスプーンなどで表面に放射状のくぼみを作る。くぼみにEXVオリーブオイルを垂らし、松の実とスペアミントの葉を散らし、黒胡椒と赤唐辛子粉をふりかけて完成。ピタパンなどですくっていただく。

アボカドと枝豆のホモス風ペースト。もし枝豆の代わりにひよこ豆を使えば「アボカドホモス」と自信を持って呼べるのだが……今回は手軽さを優先して、なんちゃってホモスです

*新刊『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』好評発売中!!

Saram109.24

この連載の一部をまとめた単行本『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』(サラーム海上・著、双葉社・刊)が好評発売中です。世界各地の旅先で出合った、「美味すぎる!」グルメ紀行。旅先で食べた美味いもの、何度でも訪れて食べたいものを、テキストと写真でたっぷり紹介しています。日本の家庭で再現できるレシピも多数収録した1冊。ぜひお手に取ってみてください!!

 

 

紀行エッセイガイド好評発売中!!

 

 
イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅 おいしい中東 オリエントグルメ旅