文/チョン・ウンスク

 

 2009年に韓国マッコリブームが起きる前まで、マッコリは焼肉店にも居酒屋にも置かれていないマイナーな酒、時代遅れの酒だった。

 今でこそ健康志向で若い女性にも愛され、地域ごとに銘柄があり、ラベルもおしゃれなプレミアムマッコリが流通しているが、もともとは農酒とか労働酒と呼ばれる酒だったのだ。
 前回に続き、今回もそんなマッコリ本来の魅力を描いた映画を紹介しよう。

映画『鯨とり』の主人公気分でマッコリを楽しむ筆者(忠清南道・唐津市場、2013年)