■日本人には冷凍の水餃子が人気

 ほかにも店内は豆板醤やラー油、豆豉などなど多種多様な調味料などがびっしり並び、八角や五香粉などのスパイスの香りも漂う。冷蔵庫を見てみれば調理済みの豚足や豚耳の真空パックが詰まっている。さらにひまわりの種やピータンや雲南省のお茶や、

「ほかの店では置いてないかも」

 という金門島の高粱酒などもあって、見ているだけで楽しい。日本人のお客には、冷凍の水餃子や、ピーナッツなどの豆類、調味料が人気だという。そんなことを話していると、ちょうど日本人のお客がやってきた。

「水餃子、どれがうまいですかね」

「日本人の方はセロリ入りを買っていく人が多いですね」

 そんなことを朱さんはていねいに説明をする。かと思ったら、お店の制服を着たままやってきた中華レストランの店員と中国語で笑い合う。近所に住んでいる韓国人かベトナム人か、アジア系の外国人も、ちょっとしたお菓子や調味料を買っていく。なかなかに盛況なのだ。

冷凍の水餃子は茹でるだけでいいのでカンタン。しかも安い