4.荒涼とした景色の中で一際輝く
「チーメ・ビアンケの湖群/ Cime Bianche Laghi」

 最後にご紹介する絶景スポットは、ロープウェイの中間駅・標高2812mのチーメ・ビアンケから高地トレッキングで巡る湖群。チェルヴィニアからロープウェイで2つ目のチーメ・ビアンケ(白い頂の意)まで登り、そこから「アルタヴィア/ Alta via」と呼ばれる山岳コースを歩く。アルタヴィアとはヴァッレ・ダオスタ州を一周する山岳トレイルの総称で、全長330kmを制限時間以内150時間以内に走り抜ける山岳レースが行われることでも有名だ。マッターホルン、モンブラン、グラン・パラディーゾなど、4000m級の山の間を区間で区切って歩けるようにコースが作られていて、チーメ・ビアンケの湖群はその中のTMR (ツール・モンテ・ローザ)のコース上にある。道幅は広く、アップダウンは緩やかでそれほど厳しいコースではない。初心者でも十分歩けるが、標高2800m地点の高地なので身体に負担がかからないよう十分注意することを忘れてはならない。

 

   ロープウェイを降りて歩き始めると周囲の景色が一気に変わる。山の裾野を彩っていた草木の緑や花々のカラフルな色彩は、氷河の白と岩のグレーに取って代わる。時々足元に見えるミニチュアのような高山植物のピンクや緑を除けば、あたり一面は黒から白へのグラデーションの世界だ。まるで月面を歩いているかのような荒涼とした景色の中、砂利や万年雪を踏みしめながら歩いて行くと、目の前に突然眩しいほどに輝く小さなブルーの湖が出現する。さらに歩を進めると、その真下にもう一つ、さらに青く大きな湖「グランド・ラック/ Grand Lac」が現れる。周囲の荒涼とした景色と輝く青い湖の対比が素晴らしく、別世界にいるような気分が味わえる。

 





ロープウェイ駅から山岳ルートへ足を踏み出す。スイス側から見ると鋭く切り立った山頂が特徴的なマッターホルンだが、イタリア側から見る姿はもう少し穏やかだ(上)。歩き始めるとすぐ、眼下に人工湖のゴイレット湖が見えてくる(中)。歩を進めるにつれ、辺りの景色が荒涼としてくる(下)






ヴァルトゥルナンシェからアルタヴィアを登ってきた人もたくさんいた。彼らはここからさらに高みを目指して行った(上)。緩やかではあるが、高低差があるコースでは、一寸先の風景が全くわからない(中)。道の際まで足を進めて初めて、目の前に素晴らしい2段の湖が見えた(下)。

 

 

★ MAP ★

<アクセス>

ローマから高速鉄道でトリノ・ポルタスーザ駅まで約4時間。ポルタスーザ駅前のバス・ターミナルからSavda社のバスでシャティヨン/Chatillonまで1時間25分、シャティヨンでチェルヴィニア/Cerivinia行きに乗り換え約1時間、終点ブレイユ=チェルヴィニア下車。ラーゴ・ブルー、グフレ・デ・ブッセレイユの停留所もこの運行区間にある。

 

<参考サイト>
ヴァッレ・ダオスタ州観光局モンテ・チェルヴィーノ周辺情報(日本語)http://valledaosta.jp/areaguide/montecervino.html
チェルヴィーノ・スキー・パラダイス/ ロープウェイその他エリア情報(英語)https://www.cervinia.it/en/inverno/home-breuil-cervinia

 

「ブーツの国の街角で」vol.69(2019.09)