文と写真/室橋裕和

 

国を越えれば通貨も変わる。だから越境後の最初の仕事が「両替」なのだが、電子マネーの普及によってそれも変わりつつある。

 

■陸路国境越えの両替問題

 国境までやってきて、現金の持ち合わせがほとんどないことに気がついた。

 「ビザ、どうしよう……」

 ここベトナム・モクバイから、目の前のカンボジア・バベットに向かうには、カンボジアのビザを取らなければならない。国境ポイントによってまちまちだが、30~35ドルもしくは相当額の現地通貨での支払い、といちおうは規定されている。

 国境にたむろすバイクタクシーたちに聞いてATMを発見したが、使えるのはベトナムで発行されたカードのみだった。周囲に銀行はない。

 手持ちのお金を数えてみる。ベトナム・ドンは10ドル分もない。あとはタイ・バーツと、カンボジア・リエルがわずかばかり。ぼろぼろの米5ドル紙幣が1枚。日本円もあるが、さすがにこんな僻地では使えまい。

 やばいかなあ、と思ったが、ないものはない。とりあえずベトナムを出国してしまおう。

ベトナム(手前)とカンボジア(奥)の国境線上に立つ碑。両国の国旗も翻る

 「日本人かい、よく来たね」

 と、笑顔だったカンボジアビザ発給所の役人の顔が、みるみる曇っていく。ビザ申請用紙に添えたのは、くしゃくしゃになったドンとリエルの紙幣の束だ。

 「キミ、ビザ代は米ドル払いだよ」

 「ドルならこれで……」

 変色してよれよれの、福笑いのごときエイブラハム・リンカーン。

 「ぜんぜん足りない」

 「あとはこれでどうですかね」

 バーツ紙幣と、コインをじゃらじゃらと窓口に押し付ける。日本だったら確実に突っぱねられるだろう。

 だがしかし、なんと慈悲深い役人か、僕のことを蔑んだ目で見ながらも、律儀に4か国の通貨を数えて電卓を持ち出し、なにやら計算を終えると、ビザをきっちり発給してくれたのであった。正規料金35ドルには、恐らくいくらか足りなかったはずだ。

 無事にカンボジアに入国はしたが、これでカード以外の現地通貨がすっからかんだ。どうすっぺかなあ……悩みながらイミグレーションを出たところで、青いジャンパーを着たおばちゃんと目が合う。その手には強盗犯のように札束が握られている。最近はすっかり珍しくなった、闇両替だ。

最近の闇両替はマルチカレンシーに対応