文と写真/室橋裕和

 

中国ミャンマー国境地点は、まるでテーマパークだった。巨大な市場やレストランが並び、中国人ツアー客で大賑わいだ。観光バスが殺到する国境ポイントに乗り込んでみた。

 

中国にいながらタイ語で旅ができるエリア

 ラオス国境からバスを乗りついでおよそ4時間。中国雲南省の最南部、シーサンパンナ・タイ族自治州の中心都市、景洪(ジンホン)にやってきた。州の名が示すとおりに、タイ族が人口の3割を占め、ほかにも多数の少数民族が暮らす場所だ。とはいえ、街並みはいたってチャイナ。雲南省のこんな僻地の山岳地帯でさえ、入植してきた漢民族がつくりあげた無機質な高層ビルが建ち並ぶ。あきれたエネルギーである。

 タイ族とはもちろんタイ王国の主要民族のことで、彼らはもともと、このあたりに暮らしていたらしい。11世紀ごろから一部のタイ族が、チベットやモンゴルに押されるように南下をはじめ、インドシナ半島に散っていく。

 

 一方、当地に残ったタイ族は、小国の連合体を形成し、これをシーサンパンナと呼んでいた。20世紀まで存在していたが、中国によって1950年に併合されている。

 ちなみに地名はタイ語でシップソン=12、パン=1000、ナー=田んぼ、「12000の田のある地」が訛ったものだという。

 景洪はともかく、地方に行くと素朴なタイ族の村が広がっている。時おり見えるのはタイのお寺だ。僕は長いことタイに住んでいたことがあるので、懐かしいのだ。一度、来てみたかった。

 言葉もシーサンパンナのタイ語と、タイ本土のタイ語ではだいぶ違う。それでも僕の下手なタイ語を理解してくれると嬉しいもので、「中国にいながらタイ語で旅をする」面白さに夢中になっていた。

 

景洪は人口およそ40万人。けっこうな都会なのだ

景洪の中心部を流れるのはメコン河。タイ族はこの流れに沿って南下していった