文・写真/高山コジロー

 

香川「讃岐うどん」/前編

 

わざわざ飛行機に乗って、香川にうどんを食べに行ってきました。

 

今回は、奄美大島の予定だったが、台風21号で前日にキャンセル。

年内残りのスケジュールはすべて決まっていて、ぽっかり空いてしまった。

 

「さて、どこに行こう?」

 

2019年の旅はラーメンの比率が高く、うどんを食べていない。

うどんといえば、やはり、、、。

そうだ、「讃岐うどん」を食べに行こう!

 

羽田から高松に1泊2日。レンタカーを使って讃岐うどん巡りだ。

行きは始発便、帰りは最終便を利用して、香川滞在は34時間。

日程変更により直前に予約したので、JALツアーズ25,800円(宿泊費込)と少々お高め。

ただし、ツアーから予約できるレンタカーは2,000円(1泊2日保険込)とリーズナブル。

 

「羽田-高松」の往復2搭乗。合計43回。

JALサファイア会員到達の50回まで、残り7搭乗に。

 

飛行機データ
●羽田-高松 07:40-09:00 JAL便 (普通席)ツアー 42搭乗

●高松-羽田 11:20-13:35 JAL便 (普通席)ツアー 43搭乗

合計/25,800円(※宿泊費込)別途レンタカー2,000円(1泊2日)

2019年搭乗実績/JAL43回、ANA1回、天草エアライン1回

 

【今回のマイル】 羽田-高松の通常マイルは「354」  

●羽田-高松

フライトマイル:354×50%(ツアー利用)=177マイル

ボーナスマイル:フライトマイル(177)×105%(サファイア会員)=186マイル

177+186=363マイル 
往復合計:726マイル

 

■羽田から高松へ

 

羽田空港へは30分前に到着。11月から保安検査場の締め切りが20分前になり、時間の余裕がない。

朝食を買おうとマックに立ち寄るも行列、レンタカーの運転があるのでラウンジでビールも飲めず、保安検査場から直接搭乗口に向かう。しかも風邪気味で体調は、あまり優れず。

 

機内は混んでいて、ほぼ満席だった。定刻通りに離陸。

音楽を聴きながら睡眠。目がさめるとそこは、もう高松。(いつも寝ている)。

天気は良く、ドライブ日和だ。

 

2017年の麺の旅では、「須崎食料品店」「やまうちうどん」「純手打ちうどん よしや」「なかむら」、

「釜あげうどん長田in香の香」「がもううどん」「手打ちうどん たむら」「山越うどん」という、

そうそうたる名店を巡礼。

今回は、まだ訪れていない、うどん店を中心に巡りたい。

 

■「山下うどん」かけうどん小 芝海老のかき揚げ @坂出

 

【飛行機に乗って麺の旅】136杯目

香川県には、約800軒の讃岐うどん店があるという。

うどん店は、高松市周辺、丸亀市・坂出市方面、香川西部(西讃)の山間部と県内に広く点在する。

09:30空港近くのオリックスレンタカーを出発して、まずは坂出市を目指す。

日曜日の朝、道はすいていて快適なトライブ。

一般道路を使い10:00には「山下うどん」に到着する。

「山下うどん」という名のうどん店は数軒あり、こちらは地元では通称「坂出の山下」または「郵便局の山下」と呼ばれているという。(郵便局の集積所だったそう)。

讃岐うどんの店のスタイルは、セルフ店・製麺所(セルフ)・一般店に分かれ、注文や会計方法も店によって微妙に異なる。

 

こちらは、セルフ店。まずカウンターでうどんを注文し、トッピングは好みでのせる。天かすやネギは無料だ。会計は食べ終わった後に自己申告して払うスタイル。

厨房の奥の大釜で薪を使ってうどんが茹でられている。

朝のおめざは、温かいかけうどんを選択。

「かけうどん温 小」(200円)を注文し、芝海老のかき揚げ(220円)をトッピング。

 

細めの麺は、讃岐にしては柔らかめながら、モチモチとした食感がいい。

熱々のシンプルないりこ出汁が優しく、体に沁みる。

 

地産の新鮮な大きな芝海老のかき揚げは、揚げたてでサクサクで絶妙な味わい。

ああ、ごはんが欲しい(笑)

おいしかったです。ごちそうさま。

 

「山下うどん」/香川県坂出市加茂町147-1