レシピサラーム海上

 

■茄子を使ったトルコ料理「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」

今回のレシピは茄子を使ったトルコ料理「パトゥルジャン・オトゥルトゥマ」。茄子と挽き肉、トマトなどを重ねてオーブンで焼いた、要は茄子のムサカだ。サラーム宅ではまだまだ夏の茄子フェス開催中なのだ!

 

■パトゥルジャン・オトゥルトゥマ

【材料:4人分】

  • 米茄子:2本
  • EXVオリーブオイル:大さじ5
  • 塩:小さじ1と1/2
  • 牛挽き肉:300g
  • シシトウまたは青唐辛子:4本(辛さに応じて加減する)
  • プルビベール:小さじ1(韓国の赤唐辛子粉で代用可)
  • パプリカパウダー:小さじ1
  • 黒胡椒:小さじ1
  • じゃがいも(メークイーン系):3個
  • トマトペースト:大さじ1
  • 完熟トマト大:1個
  • 赤黄緑茶のミニトマト:全部で12個(なければ完熟トマト大を1個追加)
  • 熱湯:100ml

 

【作り方】

  1. オーブンを180℃に予熱しておく。米茄子はヘタを取り、8mm~1cm幅に縦に薄切りにする。天パンにオーブンシートを敷き、米茄子のスライスをのせ、EXVオリーブオイル大さじ3と塩小さじ1/2を振り、全体によく刷り込んでから、一枚ずつあまり重ならないように並べ、オーブンで20分焼く。
  2. シシトウまたは青唐辛子はヘタを取り、5mm幅にスライスする。フライパンにEXVオリーブオイル小さじ1を熱し、牛挽き肉を加え、ほぐしながら火を通し、途中シシトウまたは青唐辛子のスライスを足し、5分炒めたら、塩小さじ1/2、プルビベール、パプリカパウダー、黒胡椒で調味し、火を止める。
  3. じゃがいもは皮をむき、幅1cmの薄切りにする。別のフライパンで残りのEXVオリーブオイルを熱し、じゃがいもを入れ、全面に油が回るように5分炒める。トマトペーストを足し、じゃがいもによく絡めて、火を止める。
  4. オーブンは200℃に予熱しておく。完熟トマトはヘタを取り、水平方向に1cmの輪切り、ミニトマトはヘタを取り、半分に輪切りにする。
  5. グラタン皿に3のじゃがいもを敷き、その上に2の挽き肉炒めを重ね、さらに4のトマトスライスを重ねる。残りの塩をトマトにふりかけ、熱湯を注いで、オーブンに入れ40分焼く。20分経ったら、表面が焦げないようにアルミホイルをかぶせると良い。

*茄子のアクが強いようなら、スライスした後にいったん塩水にさらし、10分ほどアクを抜く。

 

パトゥルジャン・オトゥルトゥマの完成。余ったら、翌日にピザ用チーズをたっぷりかけて再度オーブンで焼いても美味い!

【関連記事】

サラーム海上イスラエル・テルアビブ取材記〈7〉】「テルアビブの胃袋」と言われる市場街へ!


11月下旬のカルメル市場

*『美味すぎる!世界グルメ巡礼』好評発売中!!

 この連載の一部をまとめた単行本『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』(サラーム海上・著、双葉社・刊)が好評発売中です。世界各地の旅先で出合った、「美味すぎる!」グルメ紀行。旅先で食べた美味いもの、何度でも訪れて食べたいものを、テキストと写真でたっぷり紹介しています。日本の家庭で再現できるレシピも多数収録した1冊。ぜひお手に取ってみてください!!

*紀行エッセイガイド好評発売中!!

イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅 おいしい中東 オリエントグルメ旅 美味すぎる! 世界グルメ巡礼