トルコを訪れたらオリーブをまとめ買い

 野菜や果物の屋台通りから右折し、町の中心近くの駐車場に到着すると、冷蔵庫付きのバンを改装したチーズやオリーブの屋台、瓶詰めのジャムや乾燥ハーブの屋台が並んでいた。

 僕はトルコを訪れる度にオリーブを数キロまとめ買いし、日本に持ち帰り、冷凍保存している。今回も帰国する日にイスタンブル・カドゥキョイ地区の行きつけの店で買うつもりでいたが、アラチャトゥの屋台ではイスタンブルの7掛けくらいの値札が付いていた。取り急ぎ、レモン漬けの緑オリーブ1kg、塩漬けの黒オリーブ1kg、更に、種を抜いて、グリラーで重しをのせて焼くことで、表面にグリラーの焼き筋が付いたウズガラ・ゼイティン(焼き緑オリーブ)を1kg買いこんだ。これはほんの2~3年前にトルコの市場に並び始めたばかりの新製品だ。

ピクルスやハーブ入りのオリーブオイルも色々と

旧市街中央の駐車場は乾物やハーブ、チーズやオリーブの屋台が中心

オリーブ屋台でとりあえず3kg買い込む。真ん中の黒い筋入りのオリーブがウズガラ・ゼイティン

赤唐辛子粉や乾燥ハーブの屋台