メゼとサラダをゆっくりと

 蛸のサラダ、蛸に対するオブセッションを持つ僕は避けては通れない。吸盤が自然に落ちるほど柔らかく下ごしらえした蛸の足をぶつ切りにして、イタリアンパセリ、紫玉ねぎ、青唐辛子、キュウリのピクルスとともにワインビネガーとオリーブオイルでマリネしただけだが、やはりエーゲ海の蛸は美味い! ミネラルの強い白ワインによくマッチする!

蛸のサラダ。蛸は香味野菜とともに圧力鍋または低温のオーブンなどでじっくり柔らかく下ごしらえしてある

 そして謎のメゼ、アラチャトゥの風は、茹でたアーティチョークの芯、青リンゴ、スペアミントのペーストだった。モソモソしたアーティチョークにシャキシャキの青リンゴ、そして爽やかなスペアミント。確かに口の中に風が通るような、風の町アラチャトゥらしい料理だ。これは美味い!美味すぎる! 自分で作るのも簡単そうだが、日本ではアーティチョークがなかなか安くは手に入らない。試しに菊芋あたりで代用してみようか?

アラチャトゥの風。アーティチョークが安く手に入ったら作ってみよう

4つの前菜と、トマトとルッコラのサラダを一皿によそったところ
アラチャトゥから30km離れたウルラという村のシャルドネとともにいただきます!

 メゼとサラダをゆっくりいただき、8時を過ぎてから、蛸足の炭火焼きが運ばれてきた。蛸を前菜と同じように柔らかく下ごしらえしてから、炭火で焼いて旨味を閉じ込めただけ。そこにマスタードとバルサミコ酢の甘酸っぱいソースと溶かしバター。たったそれだけなのにやはり美味い! 蛸は表面は炭火でカリカリだが、身はスッとナイフが入るほど柔らかい。日本に帰ったら、三崎港まで行って活きタコを仕入れて、丁寧に下ごしらえしてから、庭で七輪を使って炭火焼きにして再現したいなあ。

 

メインディッシュの蛸足の炭火焼き。甘酢っぱいソースとバターが蛸に絡み合って美味い!

 食後にお店からのサービスでイチゴをのせたタヒーニのアイスクリームにざくろ果汁濃縮ソースかけとチャイをいただいた。

 人気店ファヴァでいただいたトルコのエーゲ海沿岸料理は、イスタンブルの料理よりも野菜やハーブを活かしたものが多く、シンプルでギリシャ料理に近いように思えた。

 お店を出ると午後9時。この時間になってはじめて夕日が沈み、辺りが暗くなり始めた。腹ごなしに宿まで20分歩いて帰るとしよう。翌朝は別の人気レストラン『エンギナレ』でエーゲ海料理を習うことになっている。

帰り道21時15分、ちょうど日が暮れてきた。細い路地の人気店には観光客が集まり、トルコのイケイケのポップスが大音量で流れていた

*『美味すぎる!世界グルメ巡礼』好評発売中!!

 この連載の一部をまとめた単行本『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』が好評発売中です。世界各地の旅先で出合った、「美味すぎる!」グルメ紀行。旅先で食べた美味いもの、何度でも訪れて食べたいものを、テキストと写真でたっぷり紹介しています。日本の家庭で再現できるレシピも多数収録した1冊。ぜひお手に取ってみてください!!

美味すぎる!世界グルメ巡礼
美味すぎる!世界グルメ巡礼

音楽ライター、DJ、ラジオパーソナリティー、講師、中東料理研究家として活躍中の著者が、世界各地の旅先で出合った絶品グルメを写真とともに紹介。
南インドでミールスや蟹を食べまくり、デリーのインドNo.1レストランでフュージョンインド料理を堪能。グルメパラダイスのシンガポールで食い倒れ、マレーシアの麺料理ラクサを求めて彷徨う。イスラエルでは大家族のホームパーティーに招かれ、ギリシャの島ではタコ料理に舌鼓を打ち、ポーランドで伝統料理とウオッカを味わう――。
家で作れる世界各国の料理レシピも収録。

*紀行エッセイガイド好評発売中!!

 
イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅 おいしい中東 オリエントグルメ旅