最後の2品が少し重たかったが、残りは僕が普段から言っている「レモン、にんにく、パセリ、オリーブオイル」という中東料理のキーワードにバッチリ当てはまった。しかも肉を使っているのも⑱だけで、それ以外はベジタリアン料理だ。

 「そうなんだよ! 僕は肉料理も大好きだけど、この店の料理を食べると、いつベジタリアンになってもいいと思えるんだよね」とイェトキン。

 アスマ・ヤプラウーのエーゲ海料理は地元の旬の野菜とフルーツとハーブとオリーブオイルの無限の組み合わせだ。何も難しいテクニックは使ってないのに、どれも本当に美味かった!

 お会計を頼むと地元の白とロゼワインのボトルをあけて、これだけ食べて(一部持ち帰り)650TL=13,000円。全てが観光地プライスのアラチャトゥにおいてかなり良心的なお値段だ。なかなか予約が取れないのは当然だろう。

 僕は料理の仕事で行き詰まった時、新しいインスピレーションが欲しい時、この店を再訪することに決めた。イェトキンありがとう!

 

僕のSNS投稿を見て、夏休みでチェシュメに帰省していたアメリカ在住のトルコ人の友人ララちゃんがお店に現れた!

アスマ・ヤプラウの中庭側の裏口。まさに隠れ家でしょう!

日曜夜10時すぎのアラチャトゥ旧市街メイン通りはこんなに混み合ってる!

【次回へ続く】

 

 

【前の記事】
朝一発目から60年前の酵母でパン作り!家庭料理レストラン『エンギナレ』でエーゲ海料理を習う!【旅とメイハネと音楽と vol.92「トルコ・エーゲ海地方アラチャトゥの旅〈3〉」】サラーム海上

 

*『美味すぎる!世界グルメ巡礼』好評発売中!!

 この連載の一部をまとめた単行本『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』が好評発売中です。世界各地の旅先で出合った、「美味すぎる!」グルメ紀行。旅先で食べた美味いもの、何度でも訪れて食べたいものを、テキストと写真でたっぷり紹介しています。日本の家庭で再現できるレシピも多数収録した1冊。ぜひお手に取ってみてください!!

美味すぎる!世界グルメ巡礼
美味すぎる!世界グルメ巡礼

音楽ライター、DJ、ラジオパーソナリティー、講師、中東料理研究家として活躍中の著者が、世界各地の旅先で出合った絶品グルメを写真とともに紹介。
南インドでミールスや蟹を食べまくり、デリーのインドNo.1レストランでフュージョンインド料理を堪能。グルメパラダイスのシンガポールで食い倒れ、マレーシアの麺料理ラクサを求めて彷徨う。イスラエルでは大家族のホームパーティーに招かれ、ギリシャの島ではタコ料理に舌鼓を打ち、ポーランドで伝統料理とウオッカを味わう――。
家で作れる世界各国の料理レシピも収録。

*紀行エッセイガイド好評発売中!!

 
イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅 おいしい中東 オリエントグルメ旅