福井から金沢へ出て、近江町市場に近い安江町のホテル「FORZA」にチェックイン。前回6月に泊まった時、このホテル、名倉温泉の日本一有名な旅館「加賀屋」が始めたことを知りました。ビジネスホテルですが、エントランスが広く、なにより清潔で、お薦めです。
 晩は、金沢の2つ星レストラン「ENSO」、正確な店名は「インスタレーションテーブル・エンソ・ラシンメトリードゥカルム」、「ミシュラン」では「イノベーティブ」のジャンルになっています。シェフは、和食出身で洋食に転身してヨーロッパへ修業に出かけ、北欧で多くを学んで帰国、名古屋出身ながら金沢の土地に惚れて、レストランを開業したといいます。料理は食材を巧みに駆使して、「フォアグラところ柿」「牡蠣とキウイ」「イクラと胡瓜」「松茸とツキノワグマ」など、とてもユニークな皿を生み出しています。

 

「フォアグラところ柿」
「牡蠣とキウイ」
「鴨のロースト」

 食材の組み合わせの妙ばかりか、鴨の火入れ、各皿の精妙な塩加減、どれも技術の確かさを感じさせまし た。最後にシェフの説明を伺うと「ENSO」は、日本料理の要諦である塩の塩梅「塩素」からきているとのことでした。

 

「ENSO」

「ENSO」ほかモダンスパニッシュの「レスピラシオン」といいフランス料理の「レ・トネルぶどうの木」といい、食文化の意識の高い金沢ならではのレストランではないでしょうか?

 

次回は、福岡と唐津です。

 

「鮨十兵衛」
住所/福井県福井市文京5丁目17-5
問い合わせ(予約)/0776-24-3080

「ENSO」
住所/石川県金沢市池田町四番丁33
問い合わせ/050-3171-3883