■ワールドミュージックの国際見本市WOMEX、開幕初日

 2019年10月23日、午前中にタンペレの都市型サウナ『Kuuma』でトトノった後、レストラン『Dabbal』が一階に入ったラップランドホテル・タンペレへと宿を移動した。しばらく部屋で休んだ後、夕方、目の前の道路を渡って徒歩3分のタンペレホールへと向かった。ここで旅の目的であるワールドミュージックの国際見本市WOMEXが5日間にわたって開催されるのだ。

 タンペレホールには観光名所のムーミン谷博物館のほか、大小4つのオーディトリアム(コンサートホール)、さらに1階から3階までのコンベンションセンター、レストランやカフェ、バーが常設されている。

ホール内のレストランではマグカップまでムーミン!

 WOMEXは夜こそオーディトリアムや市内のライブハウスやクラブが会場となるが、昼の間はコンベンションセンターが主な現場である。世界中の音楽アーティストやマネージメント会社、音楽フェスティバル主催者、その他、国や地域行政による大小のスタンドが200以上も立ち並び、約90カ国から集まった2500人以上の音楽プロフェッショナルたちが忙しく行き来するのだ。

 フランスやオランダ、ドイツ、そして地元のフィンランド北欧諸国など、行政が音楽に力を入れている国はワンフロアの半分を占めるほどの巨大なスタンドを建て、スタッフも大人数だ。アジアの国で一番目立つのは当然韓国。ホール入り口近くを広く使ったスタンドには十数名以上のスタッフが働いていた。しかも、3組の音楽アーティストがライヴ出演する。インドマレーシアからもいくつかのスタンドが並んでいた。残念ながら日本のスタンドは一社だけで、その他の日本人参加者は僕のほかたったの二名だけだった。

 僕の悪友、イスタンブルのアフメトジャンとテルアビブのダンによる共同スタンドの場所に行くと、遅刻常習犯の二人はまだ会場に現れてもいなかった。まあこの日は前夜祭であって、本番は翌日からだし、ゆったり構えよう。

 イスラエルとオーストラリアのスタンドでミーティングを済ませ、会場をぶらぶらしていると、オランダ人、インド人、トルコのクルド人、ドイツ人、イスラエル人、マレーシア人などなど、古い友人や世界のどこかで会った知人たちと次々と再会した。

 夜8時に館内の一番大きなオーディトリアムでWOMEXの開会式が始まった。WOMEX代表による短いスピーチに続き、フィンランドの教育科学大臣とタンペレ副市長も英語でスピーチを行った。フィンランドは男女平等先進国と言われるだけに、教育科学大臣、そして副市長ともに女性だった。34歳のサンナ・マリン氏が世界で最も若い女性首相に選出されたのはこの二ヶ月後だ。

WOMEX初日は前夜祭のようなもの。まだまだ閑散としている

悪友のアフメトジャン(左)とダン(右)は夕方6時過ぎに到着

タンペレホール内最大のオーディトリアム

タンペレ副市長、ヨハンナ・ローカルスコルピ氏