2019年10月23日から27日までの5日間、僕はフィンランドの「世界のサウナ首都」の街タンペレで開催されたワールドミュージックの国際見本市「WOMEX」に参加した。毎晩深夜過ぎまで市内数カ所の会場を周り、合計三十数組のアーティストの生演奏を聴き、6組のアーティストにインタビューを行い、世界中の音楽業界の友人知人たちと交流を図った。

 今回はそこで出会った注目のアーティストたちと、市内の人気レストラン『C』でいただいたフィニッシュ・フュージョン料理のコースディナーについて記そう。

WOMEXの昼の会場、地元フィンランドやバルト三国のスタンド

悪友イスタンブルのアフメトジャン(左)とテルアビブのダン(左から二番目)も商談を始めた

■北ヨーロッパの音楽に触れ、女性アーチストの躍進を感じた「WOMEX2019」

 この年のWOMEXで音楽的に目立った動きは2つ。1つはご当地フィンランド、およびスカンジナビア諸国とバルト3国のアーティストたちだった。フィンランドの新鋭たちについては前回に記したが、スウェーデンやノルウェー、デンマーク、そしてリトアニア、ラトビア、エストニア、さらにロシアやポーランドまで、音楽的には何らかの繋がりがあり、それぞれの国で民謡エレクトロニカ、民謡ヒップホップ、民謡ジャズ、民謡合唱など、様々な新しいアーティストたちが現れていた。日本にも彼らの作品の一部は届いていたが、寒空のタンペレで生演奏を聴いて、初めて腑に落ちることが多かった。おかげで僕がナビゲーターを務めるNHK-FMの番組『音楽遊覧飛行エキゾチッククルーズ』でもフィンランドや北ヨーロッパのアーティストを紹介する機会が激増した。

 

ノルウェーの少数民族サーミのElle Mariaは伝統的な詠唱ヨイクをエレクトロポップ化

エストニアの口琴奏者Cätlin Mägiは、口琴演奏をルーパーを用いてループさせた上にヨイクを被せる一人オーケストラ

エストニアの深い森に残された歌を透明な音色の琴カンネルを鳴らしながら歌うMari Kalkun

 もう一つは世界的な女性アーティストたちの大躍進である。「WOMEX 2019」にライヴ出演した全61組の音楽アーティスト中、なんと25組、4割が女性だった。ワールドミュージックと言うと、渋い顔のオヤジや爺さんたちによる一子相伝的な伝統音楽やシリアスな宗教音楽、もしくはマッチョなラテンやアフリカンのアニキたちによる過剰なほどのダンサブルなイメージ、そしてリスナーも男性中心というイメージがどうしてもつきまとうが、少なくともWOMEXにおいてはジェンダーの問題は解決されつつあるのだ。

アルジェリアの砂漠地域に暮らす様々な民族の女性が歌う伝承歌を再現するプロジェクトLemma

深夜過ぎのクラブステージに登場したブエノスアイレスのDat Garcia。ボンデージファッションでエレクトロクンビアを歌う