素材に対して際立つオーナーの細やかな心遣い

 店名の「マノワ」は、フランス語で「館」や「家」の意味。肩肘を張らずくつろげるという思いが込められている。カウンター席は1日1組、テーブル席は7組14名しか入れないのがその証拠だ。
 オーナーソムリエの中村豪志さんは、10年前に狩猟免許を取得。函館の狩猟解禁日10月1日に鴨と鹿を、11月15日の解禁後は毎週月曜に茨城千葉で鴨と雉を撃つ。

 

「どこで捕って誰が捌いたのかは、素材を見ればわかる」
 中村さんが自信を持っていえるのは、コンスタントに全国各地へ出向き、ハンターと直に会い、素材に触れているから。魚介や野菜、ワインも同様の方法で生産者と直接やりとりをして仕入れる。
 それだけ良質な素材を使った料理が、夜のコース11,000円または16,500円でいただける。これもひとえに中村さんが勝ち得た信頼の賜物。恩恵に預かろう。


 

「エゾ雷鳥のローストそのジュと天然きのこ」

コースのメインとして提供(要プラス料金/時価)。ムネ肉はオーダー後にゆっくりとロースト。モモ肉はコンフィにして焼き上げる。肉質の繊細さに驚くだろう。※写真は1羽だが、通常は半身で提供。
北海道のエゾ雷鳥。
特注の木皿に盛り付けた、3種のアミューズ。内容は日替わり。
ワインはフランスワインのみで赤・白・シャンパンを用意。リストだけで300 種類ある。左からオリジナルシャンパン、ブルゴーニュ 2012 ヴォーヌ・ロマネ、ブルゴーニュ ルーフレーヴ・ピュリニーモンナッシェ。
オーナーソムリエの中村豪志さん。
ヨーロピアンな内装が目を惹く。

 

ジビエDATA>

取扱種類  鹿、鴨、ウリ坊、穴熊など 産地  北海道、茨城、千葉他 提供時期  通年

 

 

MANOIR[マノワ]

【住所】東京渋谷区広尾1-10-6 プロスペクト グラーサ広尾1階
【電話】03-3446-8288 【営業】11:30〜L.O.13:30、17:30〜L.O.20:00、月曜日、火曜日ランチ定休
【交通】東京メトロ半蔵門線ほか日比谷線広尾駅2番出口から徒歩8分、JR恵比寿駅西
口から徒歩10 分 

【ホームページ】http://manoir-restaurant.jp/

 

写真/中橋正治 取材/エビス_セイキ 編集協力/エディスタ

 

*本記事は2016年12月に出版したムック、TABILISTA BOOKS08『日本のジビエを味わうグルメな旅と極上の店 GIBIER(ジビエ)』で掲載されたものに加筆修正した記事となります。最新の情報に関しては、お店のホームページなどでご確認頂けるよう宜しくお願い致します。