写真・仲程長治 文・シマネコキネマ

防波堤をテリトリーにしている愛嬌たっぷりのキジトラ。青い海を背に、いつも周辺をパトロールしている

 奥武島(おうじま)は、沖縄本島の南部にある小さな島。島といっても本島と橋でつながっていて、地元ではスク漁やトビイカの天日干しが夏の風物詩として、観光客には海産物のてんぷらが名物の島としてよく知られている。車で周ればわずか5分程の島内には行列の絶えないてんぷら屋や海産物料理店などがあり、その周囲でたくさんの島猫たちに出会うことができる。

 

島のてんぷら屋にはてんぷら待ちの猫がいる。お行儀良く待っていれば、今日のランチにありつけるはず

サバニの前を通り、漁から帰ってきた海人に餌をねだりに行く猫。 海と猫はやっぱり絵になる

 日本の一般的なてんぷらとは違って、沖縄のてんぷらにはぽってりとした衣がついている。てんぷらの具材は魚、イカ、もずくといった島の海産物が定番だが、そうした美味しい部分は人間がいただくので、猫たちにお裾分けされるのは、油をたっぷり吸って膨らんだ衣の部分が多い。

 

何を見上げているのかって? 車の窓から時々てんぷらがもらえるんです。何事もじっと待つ姿勢を猫から学ぶ

 化け猫が行灯の油を舐めている姿は日本の怪談でもお馴染みだが、元来、猫は油好きで、本能的に油を求めることがあるらしい。猫の健康にとってどうかはさておき、この島の猫たちは人間のアンダー(足元)で、アンダ(沖縄の方言で油のこと)をおねだりしているわけだ。

 

てんぷら屋の椅子の木陰が休憩場。椅子に人が座ると、あちこちから猫が集まってくる