写真・仲程長治 文・シマネコキネマ

2月に見頃を迎えた那覇の桜と、桜坂のさくら耳

 昨夏(2016年)から撮影を続けている映画『Nyaha!』(ニャハ!)では、全国的に寒さが厳しかった今年(2017年)の冬も、島猫たちを追いかけていた。沖縄の冬は、大雪や氷点下といった命に関わるような寒さではないものの、体温を奪う冷たい雨が続いた今年の冬は、南国育ちの外猫たちにとっては体調管理や餌の確保が難しいシーズンだったに違いない。

 

ガジュマルの木の下で、団子になって寝ている仲良し兄弟

ふかふかの枯れ葉のベッドの上で、丸くなって眠る幸せ

 1月下旬、日本一早く開花する寒緋桜の鮮やかなピンク色が、那覇市内の公園を彩り始める。春の気配を感じさせる青空と、可憐な花々を見上げることが多くなる季節なのだが、今年は足元の猫たちばかりを見ていて、ふと気がついたことがある。猫たちは、自分自身が身につけている毛色や柄を本能的に知っているのではないか?…と。

 

葉っぱの柄、ブロックの色柄に、見事に同化していたキジトラたち