2019年、僕は年間269杯食べた。
だが2020年、2021年と続くコロナ禍。緊急事態宣言、東京での仕事が減り、取材は中止となり、自転車で麺の旅の連載も休止した。
埼玉での自粛生活、仕事もほとんどリモートになり、東京でラーメンを食べる機会が半減してしまった。

 

「ああ、ラーメンが食べたい。」
そうだ! 2022年はラーメンの年にしよう。

 

2017、2019年に好評いただいた「わざわざ飛行機に乗って、ラーメンを食べに行ってきます。」第3弾を2022年1月より新連載することになった。
もちろんまだまだコロナは終わらない。年末になって第6波も現実味を帯びてきて予断を許さず、旅行、飲食には細心の注意を払わなければいけないのは十分理解している。
新連載では全国24都市のラーメンを食べに行く予定だが、ラーメン好きの食いしん坊は「飛行機に乗らない東京」のラーメンももちろん食べたい。いや食べに行く。

 

そこで新連載の番外編として、2022年、僕が東京でもう一度食べたいラーメン10店を紹介したい。

 

「ラーメン屋 トイ・ボックス」@三ノ輪

特製醤油ラーメン

 

スープを啜ると芳醇な醤油の香りがふわっと鼻を抜ける。しなやかな麺と鷄の旨み溢れるスープのバランスが素晴らしい。しっとりレアチャーシューは絶妙。鷄チャー、ワンタン、味玉、穂先メンマ、青ネギ、特製はまるで宝石箱のような輝き。

 

「手打式超多加水麺 ののくら」@亀有

特製中華そば 醤油

 

2021年初訪問。鶏と魚介の豊潤なスープ。醤油のカエシとのバランスよく、奥行きがあり旨みの持続力が素晴らしい。スープと好相性のモチプチの多加水麺の心地いい食感が絶妙。分厚い豚チャーシューは肉の旨みが溢れる。