石巻・牡鹿半島」シリーズ 。今回は、当サイト「TABILISTA」で『韓国の旅と酒場とグルメ横丁』を連載していただいている韓国人紀行作家のチョン・ウンスクさんによる2019年の寄稿ルポ(後編)をお届けする。ソウル在住のチョンさんは、アシアナ航空の仁川ー仙台直行便を利用して訪日。韓国済州オルレの姉妹道として昨年オープンした宮城オルレ奥松島コースを体験取材していただいた。

韓国語バージョン>「미야기올레, 그 길 위에 서다(2)」も併せてお楽しみください。

  

文/チョン・ウンスク

 

2019年の1月末、宮城県石巻市の観光関係者と双葉社のお招きで、奥松島と石巻市街を旅する機会に恵まれた。東北最大の都市・仙台以外の宮城の魅力を我が国の人たちにもっと知ってもらうために韓国語の旅行記を書くのが目的だったが、日本でも宮城=仙台と短絡してしまう人が少なくないので、今回も前回に続き、写真を見ながら奥松島や石巻の魅力をお伝えしよう。

 

照ったり、降ったり、曇ったり。

石巻の空模様は常に一定ではなかったが、それが旅の印象に深みを与えてくれた。写真はオルレ(散歩道やトレッキングコースを表す済州方言)奥松島コースのタブノキ(神木)辺り。

宮城オルレに関する詳しい情報は下記で。
https://www.miyagiolle.jp/