いったい市場では何が起きているのだろうか。ネタ元である『健タメ!』編集部の後藤さんに事情を聞いてみた。

 「Femtech(フェムテック)という言葉をご存知でしょうか。「Female」(女性)と「Technology」(技術)を掛け合わせた言葉で、実は2021年の新語、流行語大賞にもノミネートされているんですが、要するに女性の健康問題を技術で解決しようとするムーブメントです。
 リサーチ会社の予測によると、このフェムテックは、2025年までに5兆円規模の市場になると言われており、投資家や起業家の間でも注目の分野でもあるんですよ。
 11月に開催されたフェムテックの展示会「Femtech Fes! 2021」でも、27カ国から157社が参加し、フェムテック市場としては世界最大級の展示会になりました。
 そこでは月経に関する商品だけでなく、妊活、ウェルネス、妊娠・産後、更年期、そしてメンタルヘルスにいたるまで、幅広いジャンルのプロダクトやサービスがお披露目されており、今後こうした女性の悩みを解決する技術分野はさらに発展することが予想されます。
​ 今回、御社が取り上げた『EVE月経カップ&消毒ポットセット』もフェムテックの展示会に出品された商品のひとつです」

 

 ちなみ後藤さんによると、フェムテックという言葉は、2016年、「Clue」という月経周期を記録するアプリを開発したデンマーク人起業家Ida Tinさんが名付けたとのこと。

 いずれにせよ、フェムテックのおかげで、これまで人前では言えないような女性特有の悩みや、どこに相談していいのかわからないような健康問題にようやく一筋の光が見えてきたようだ。

 

取材&記事:TABILISTA編集部/杉田淡白

「健タメ!」 https://kentame.com/archives/11583




「Femtech Fes! 2021」