■スルクッが似合う席

 スルクッが飲食店のメニューに記されていることは少ない。サービスとして供されることが多いからだ。スルクッはつまみの料理をあらかた食べ終えたが、もう少し飲みたい。そんなとき重宝する。

 コロナ時代だから好ましくはないが、スルクッは親友や恋人どうしがひとつの器に自分のスプーンを直接突っ込んですするのが似つかわしい。スープが冷めてしまったら店の人に言ってあたため直してもらうといい。そのときは酒の追加も忘れずに。

 誰にでも人恋しいときがある。久しぶりに会った友人と楽しく飲んでいる。腹はくちているが、まだ飲みたい。もう少し話したい。どうにも別れがたい。実のある会話ではないが、いつまでも飲んで話していたい。スルクッはそんな席が似合う。

 

釜山の市場で茹で豚肉をつまみにソジュを飲むお年寄りの席にもスルクッの器が見える。新大久保や鶴橋のような日本のコリアンタウンでも、ニューカマーの韓国人女将が経営するこぢんまりとした店なら、スルクッを出してくれるかもしれない