リレーエッセイ鍋料理編」】

次回(vol.2)はノンフィクションライター佐藤美由紀さんです。

これで料理と言えるのか!? 火がぎりぎり通った、ぷるっぷるっの牡蠣をいただくには素材の味が一番生きる「THE鍋料理」の「水炊き」で!

 

【関連記事】

チョン・ウンスク【リレーエッセイ「餃子編」vol.3】
醤油系のタレにつけて食べると格別! 淡白で具だくさん、日本人の口にも合う北の味付け。亡き母が作ってくれた思い出のマンドゥ(韓国餃子)