この連載は、カレーをはじめとしたスパイス料理をもっと世の中に広め、「カレーの母」と呼ばれるようになる野望に燃えた、スパイス料理研究家の一条もんこが、みんなにもっともっとカレーを食べてもらうべく、あたらしく素敵なカレーを考案し、世に問う企画である。毎月TABILISTA編集部 コージー中嶋からの“ムチャ振り”ともいえる「お題(課題)」に対して、果たして一条もんこは、どんな解答や提案で応えるのか?

 

コージー
「梅は咲いたか 桜はまだかいな♪」っと。

 

もんこ
なんですかそれ?

 

コージー
江戸端唄の一節です。風情があっていいでしょ? もう春の訪れが近づいてきているのですよ。

 

もんこ
そうですね。まだまだ寒いですけど。

 

コージー

ところで、もんこさんにとって「春」といえば、どんなイメージですか?


もんこ
花粉症!

 

コージー
えぇぇ!? 食い気味に即答で「花粉症!」とは・・・。

 

もんこ
わたしの場合、春のイメージっていうと圧倒的に花粉症なんですよ! 春先になると鼻水ズルズルで、もう辛くて辛くて(涙)。

花粉症、辛いですよねぇ

コージー
あらら。でもまぁそれはわかります。 僕も花粉症の季節は目が痒くなってたいへんです。
ですが、他にはないですか? 春のイメージ。

 

もんこ
あとは仲のいい人との別れとかかしら。3月には卒業とか人事異動とか転職とかあるし。

 

春は別れのイメージ?