日本には様々な横丁がある。表通りから少し逸れた道に入ると並ぶ小さな看板の数々。ノスタルジックな赤ちょうちんやスナックが並ぶ”昭和横丁”から、バブル崩壊以降は寂れた趣の”平成横丁”。今どきの若者に人気の渋谷や恵比寿にある”令和横丁”まで、横丁にはその街の歴史が詰まっている。その空気に惹きつけられるかのように、今日も日本のどこかの横丁で呑んだくれる女が1人……。これは、元底辺キャバ嬢カワノアユミが織りなす横丁探訪記である。。

 

■まん延防止が拡大する近畿

奈良の駅前商店街

 仕事で奈良にやってきた。外出するのは久しぶりだ。というのも、タイから帰国した後に10日間の自宅隔離があったからだ。隔離が終わってすぐに、筆者が住む兵庫県を含む近畿2府1県に新型コロナの感染拡大による「まん延防止等重点措置」が発令された。横丁探訪はおろか、外食すらできない日が続いていた。

 だが、せっかく奈良に来たのだから少し飲んで帰りたい。奈良は日本有数の観光地だが、夜は意外と短い。観光の拠点となる近鉄奈良駅前の商店街の居酒屋も0時には閉店する。しかし、駅前の商店街から少し脇道に入ると、隠れ家のような飲み屋がいくつも存在する。

■奈良の美味しいものが食べたい

 色々と見て回りたかったのだが、この日はあいにくの雨。まずは冷えた体を温めようとおでん屋に入ることにした。厨房をカウンターで囲んだ典型的な立ち呑みのおでん屋。1杯目はハートランド、おでんと肝焼き。おでんは玉子、ひろうす、白天を注文。ひろうすはがんもどきの関西での呼び名だ。出汁をたくさん吸っていて噛むとジュワッと溢れ出す。白天は、主に大阪で作られている揚げ色をつけない白いかまぼこ。きくらげが入っていてコリコリとした歯ごたえがあって美味しい。

 続いて、店の名物という肝焼き。レバーや玉紐を甘辛く煮込んでいて、様々な歯応えが楽しめる。山椒をかけるように進められたのだが、これが大正解。ピリッとしたアクセントで、ビールによく合う。他の席を見回してみると、大阪の立ち呑み屋とは対象的に大人しく飲んでいる人が多い。コロナ禍の配慮なのだろうか。それとも奈良の県民性なのだろうか。横丁では他の人や店の人と話すことも醍醐味だが、今夜は静かに飲むことにした。

 

■強烈なビジュアル⁉「草鍋」に舌鼓

強烈なビジュアルの草鍋

 体が温まったところで2軒目へ。もう少し何か食べたい……と思いながら歩いていると、何やら気になるメニューを見つけた。奈良の大和野菜をふんだんに食べられるという「草鍋」。野菜のみ単品で頼んだのだが、運ばれてきたのを見て驚いた。見事に草ばかりの、なかなか強烈なビジュアルだ。

 店員が「本日の大和野菜はこちらです」と丁寧に説明してくれる。「大和まな」は奈良県内で戦前から生産されていて、めったに出回らない貴重品だという。「スイスチャード」は別名をフダンソウといい、根本の赤い部分には栄養価がたっぷり詰まっているという。

 見た目はかなりのインパクトだが、鶏スープでしゃぶしゃぶすると……まったく青臭さがなく、鶏の出汁がしっかりと絡んでめちゃくちゃ美味しい。店員におすすめされた通り、ごまを足してみる。香ばしさと草の苦味が薄れて、これまた絶品。柚子胡椒をかけると一気に味が引き締まる。草鍋は大人気だそうで、普段は予約しないと入れないという。たまたま空いていたのでラッキーだった。

■隠れ家バーで奈良の和菓子とワインで締め

 草鍋を堪能した後、最後に軽く飲みたいと思い、近くのバーにやってきた。古民家を改装した看板が出ていない隠れ家バー。Google Mapでたまたま見つけたのだが、他の客が入るところを見かけなければ絶対に見逃していただろう。店内は落ち着いており庭園もあって雰囲気がよい。メニューはないが、飲みたい酒を伝えるとバーテンダーが丁寧に説明してくれる。まずはフランスのアルザスワインをいただくことに。ライチのような風味が特徴の辛口ワインだ。

チャームは奈良の銘産和菓子、柿寿賀(中央)

 白ワインに合わせるのは、柿寿賀という奈良の銘産和菓子。刻んだ柚子皮を干し柿で巻いたもので、柚子の爽やかな香りと干し柿のねっとりとした食感が絡む。絶妙な味わいなのでワインのお供にもぴったりだ。バーは今年7月にオープンしたばかりで、普段は常連しか来ないという。さすがに看板が出ていないので一見でふらっと来る客は少ないのかも。締めは、昨年に奈良で生産された「デラウェア」というワイン。甘みはひかえ目でぶどうのフレッシュな香りでほろ酔いに。コロナ禍の奈良の横丁はこうして静かに夜を迎えるのであった。

【元バンコクNo.1キャバ嬢が行く!「呑んだくれ横丁探訪」vol.10】(2022.3.9)

(つづく)

底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる
底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる

クズな私でも輝ける場所があったーー。
やる気ゼロ、貯金ゼロ、計画性ゼロ。ポンコツキャバ嬢による、タイ、香港、シンガポールカンボジアベトナムの「日本人向けキャバクラ」潜入就職&アジア夜遊び放浪記。