ローマの建築と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、コロッセオ、パンテオン、サン・ピエトロ大聖堂、フォロ・ロマーノ、トレヴィの泉など観光名所の遺跡や建物ではないだろうか。旧市街の中心には古代ローマから中世、ルネサンス、バロックの各時代の建築がひしめき合っているローマだが、観光ルートを一歩外れて歩いてみると想像もしていなかった風景に出会えたりする。
長年この街で暮らしている私自身、まだまだ知らないローマの顔がいくつもあるのだが、今回はそんな「未知のローマ」の代表格でもある住宅街の不思議空間・コッペデ地区をご紹介しよう。

 

高級住宅街に突然現れた異空間

 ボルゲーゼ公園の北、レジーナ・マルゲリータ大通りとサラーリア通りの交差地点にあるコッペデ地区は、地元ローマっ子の間でも”知る人ぞ知る” 不思議空間である。高級住宅街として知られるパリオリ地区に隣接した一角は、1913年から1926年にかけて、当時の高級官僚の居住区としてフィレンツェの建築家ジーノ・コッペデによって設計された。正式にはトリエステ地区内に属するのだが、その特異で印象的な建築群が集まる空間は、建築家の名前にちなんで「コッペデ地区」という通称で知られるようになった。

 ブエノスアイレス広場の停留所でトラムを降りると、ファサードのキンキラキンのモザイクが眩しいサンタ・マリア・アッドロラータ教会がまず目につく。この教会を右手に見ながらタリアメント通りを進み、ドーラ通りと交差する地点がコッペデ地区の入り口である。小さな広場には全くそぐわない重厚な建物が嫌でも目に飛び込んでくるだろう。「大使たちの館」と呼ばれるこの館のアーチをくぐって、いよいよコッペデ地区に足を踏み入れる。なんだかおどろおどろしい装飾がびっしり、そしてアーチの中央にはホラー映画に出てくるような巨大な鉄のシャンデリアがぶら下がっている。この先を見るのが楽しみになってきた。

 





リバティ様式にギリシャ、ゴシック、バロック、中世など様々な建築のエッセンスをミックスした独特の建築様式。あまりに独創的なので○○様式というカテゴリーに入りきらず、単に「コッペデ・スタイル」と呼ばれている。「大使たちの館」は窓枠から柱、天井裏まであらゆる部分に緻密な彫刻とフレスコ画が施されている。アーチ上の正面中央にはフィレンツェのシンボル「メディチ家の紋章」があり、コッペデが自身の出身地をいかに誇りに思っていたかが想像できる(中)。