カボチャと玉ねぎのオーブン焼き、カバク・シンコンタ

さて今回のレシピは前々回の記事、エンギナレのミライさんから習ったカボチャと玉ねぎのオーブン焼き、カバク・シンコンタ。日本ではお盆を過ぎて、バターナッツカボチャが出まわり始めた。バターナッツカボチャは普通のカボチャよりも皮をむくのも簡単だし、甘くクリーミーなので、今後もっともっと人気が出そうな野菜だ。

 

■カバク・シンコンタ

【材料:作りやすい分量】

  • バターナッツカボチャ:小1個(500g)
  • 玉ねぎ:1個(200g)
  • 塩:小さじ1/2
  • 乾燥スペアミント:大さじ1
  • EXVオリーブオイル:1/2カップ
  • 水:2カップ
  • 小麦粉:小さじ2
  • 穀物酢:大さじ1
  • トマトペースト:大さじ1
  • プレーンヨーグルト:300g
  • プルビベール(トルコの赤唐辛子フレーク、韓国の赤唐辛子フレークで代用可):少々
  • 乾燥スペアミント:少々
     

【作り方】

  1. プレーンヨーグルトはボウルに金属ざるを重ね、晒しの布を敷いた上に開け、そのまま冷蔵庫で6時間または一晩置き、半量まで水を切る。
  2. バターナッツカボチャは縦横半分に切り、スプーンで種を取る。ピーラーで皮をむき、厚さ5mmのいちょう切りにする。EXVオリーブオイル(分量外)を塗った耐熱皿に敷き詰め、塩小さじ1/4と乾燥スペアミント小さじ1をふりかける。
  3. 玉ねぎは皮をむき、ヘタを取り、縦半分に切ってから、横方向に薄切りにし、塩小さじ1/4をふりかけ、よく揉んでおく。
  4. ボウルにEXVオリーブオイル、水、小麦粉、穀物酢、トマトペースト、残りの乾燥スペアミントを入れ、フォークで撹拌し、トマトペーストをしっかり溶かす。
  5. 1の耐熱皿に2の玉ねぎをのせ、上から3を回しかける。
  6. 180℃に予熱したオーブンに4の耐熱皿を入れ、30分焼き、続いて160℃に温度を下げて、50~60分焼く。
  7. カボチャと玉ねぎの表面に焼き色が付いたらオーブンから取り出し、室温に冷ます。
  8. 水を切ったヨーグルトをのせ、プルビベールと乾燥スペアミントを回しかけて完成。

 

カバク・シンコンタ完成。バターナッツカボチャを手に入れたらぜひ作ってみて!

*『美味すぎる!世界グルメ巡礼』好評発売中!!

 この連載の一部をまとめた単行本『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』が好評発売中です。世界各地の旅先で出合った、「美味すぎる!」グルメ紀行。旅先で食べた美味いもの、何度でも訪れて食べたいものを、テキストと写真でたっぷり紹介しています。日本の家庭で再現できるレシピも多数収録した1冊。ぜひお手に取ってみてください!!

美味すぎる!世界グルメ巡礼
美味すぎる!世界グルメ巡礼

音楽ライター、DJ、ラジオパーソナリティー、講師、中東料理研究家として活躍中の著者が、世界各地の旅先で出合った絶品グルメを写真とともに紹介。
南インドでミールスや蟹を食べまくり、デリーのインドNo.1レストランでフュージョンインド料理を堪能。グルメパラダイスのシンガポールで食い倒れ、マレーシアの麺料理ラクサを求めて彷徨う。イスラエルでは大家族のホームパーティーに招かれ、ギリシャの島ではタコ料理に舌鼓を打ち、ポーランドで伝統料理とウオッカを味わう――。
家で作れる世界各国の料理レシピも収録。

*紀行エッセイガイド好評発売中!!

 
イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅 おいしい中東 オリエントグルメ旅