イスラエルの魚料理、ハライメ

 

今回のレシピモロッコ起源のイスラエルの魚料理「ハライメ」を作ろう。白身魚の切り身を、クミン、パプリカ、ニンニク、砂糖、レモン、そしてアニス酒のラクを効かせたトマトソースで煮込んだスパイシーな魚料理だ。

トマトソースの部分はイスラエルのポーチドエッグ「シャクシューカ」から卵を抜いたのとほぼ同じ。スパイスを効かせて甘じょっぱく作ろう。イスラエルではボラが人気だが、日本では鮭や鱒、鱈、鯛が美味しい。

 

■ハライメ:白身魚のスパイシートマトソース煮

【材料:2人分】

  • 鮭や鱒、鱈、鯛など(写真では鱈を使った):切り身2枚
  • 塩:少々
  • EXVオリーブオイル:大さじ2
  • 鷹の爪:1本(種とヘタを取っておく)
  • 赤パプリカ:2~3個(種とヘタを取り、ざく切り)
  • にんにくすり下ろし:2かけ分
  • パプリカパウダー:小さじ2
  • クミンパウダー:小さじ1/2
  • 7スパイスまたはバハラット、なければオールスパイスとナツメグ:小さじ1/2
  • ラク、またはウゾ、ペルノー:大さじ2
  • ハリッサ:小さじ1
  • カットトマトの水煮:200g(1/2缶)
  • 砂糖:小さじ2
  • 水:1カップ
  • 塩:小さじ1/2
  • レモン汁:大さじ1
  • 香菜のみじん切り:1袋分

 

【作り方】

  1. 魚の切り身に塩をふっておく。
  2. 底の厚い鍋にEXVオリーブオイルを入れ火にかける。温まったら、鷹の爪、赤パプリカを足し、10分炒める。
  3. 弱火にして、にんにくのすり下ろし、パプリカパウダー、クミンパウダー、7スパイス、ラクを足し、アルコールが飛ぶまでよく混ぜる。
  4. ハリッサ、カットトマトの水煮、砂糖、水を加え、15分煮る。塩で調味する。
  5. 魚は水分を拭き取ってから、鍋に並べ、魚の身に火が通るまで蓋をして5分煮る。
  6. レモン汁を振りかけてから、魚の身が崩れないようにお皿に盛り付け、香菜のみじん切りをたっぷり散らして出来上がり。

*温かいうちに召し上がれ!

 

イスラエルで人気の魚料理「ハライメ」。モロッコ起源とは言うものの、僕はまだモロッコでは見たことない……。まあ魚のタジンのバリエーションでしょう

*『美味すぎる!世界グルメ巡礼』好評発売中!!

 この連載の一部をまとめた単行本『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』が好評発売中です。世界各地の旅先で出合った、「美味すぎる!」グルメ紀行。旅先で食べた美味いもの、何度でも訪れて食べたいものを、テキストと写真でたっぷり紹介しています。日本の家庭で再現できるレシピも多数収録した1冊。ぜひお手に取ってみてください!!

美味すぎる!世界グルメ巡礼
美味すぎる!世界グルメ巡礼

音楽ライター、DJ、ラジオパーソナリティー、講師、中東料理研究家として活躍中の著者が、世界各地の旅先で出合った絶品グルメを写真とともに紹介。
南インドでミールスや蟹を食べまくり、デリーのインドNo.1レストランでフュージョンインド料理を堪能。グルメパラダイスのシンガポールで食い倒れ、マレーシアの麺料理ラクサを求めて彷徨う。イスラエルでは大家族のホームパーティーに招かれ、ギリシャの島ではタコ料理に舌鼓を打ち、ポーランドで伝統料理とウオッカを味わう――。
家で作れる世界各国の料理レシピも収録。

*紀行エッセイガイド好評発売中!!

 
イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅 おいしい中東 オリエントグルメ旅