文と写真/サラーム海上

 

安くて美味しい家庭料理が味わえる『ハナン・マルギラン』

 2017年9月10日日曜、約10ヶ月ぶりにイスラエルを再訪することになった。今回はエルサレム旧市街の史跡を舞台に毎年8月末から9月中旬まで開催されるフェスティバル「メクデシェット(Mekudeshet)の取材が目的だ。

 メクデシェットのプレス・ミーティングは翌日だったが、僕は例によって一日早く入国し、前年と同じくテルアビブ南部のマンションに住む友人夫婦ダン&ヤルデン宅に泊まらせてもらった。

 成田を夜に出発し、深夜の香港で乗り換え、自宅を出てからちょうど24時間後の現地時間の朝7時にベン・グリオン空港に到着。入国審査、荷物の受け取り、キャッシング、現地の携帯SIMカード契約まで済ませ、朝8時すぎに空港からタクシーに乗ると、お馴染みの大渋滞が僕を迎えてくれた。こうして彼らの家に着いたのは朝9時すぎだった。

 

休日ではない日曜の早朝、ベン・グリオン空港からテルアビブへの道

 イスラエルの休日は土曜。なのでその日はダンもヤルデンも仕事だった。そこで、ダンが経営する『Cafe San Remo』でコーヒーをいただいた後、午後は一人でテルアビブの中心地に出た。

 レヴィンスキー市場の近くにイエメン系のレストランが幾つかあると聞き、訪れるつもりだったが、最初にディゼンゴフセンター内の行きつけのCDショップに行ってしまい、新作CDをたっぷり買ってしまった。今時CDを30枚以上もまとめて買うのは僕のようなケッタイな外国人くらいのものだ。CDショップのオヤジさんもお姉さんもニコニコ顔だ。

 9月中旬のテルアビブは東京の夏並に気温が高いが、さすがに湿度は低く、どこまでも歩いて行きたくなる。しかし、買い込んだ荷物が多いので市場に寄らずにいったん、帰宅しよう。

 

ダン&ヤルデンのマンションのベランダから南にヤッフォ方面を見渡す

日曜午後(休日ではない)バスに乗り、テルアビブ中心部へ向かう

テルアビブ中心部のジューススタンド