観光地を訪れるときに心配になるのがトイレ事情だ。そもそもトイレが無かったり、あっても長蛇の列になっていたりすると、旅を楽しむ余裕までなくなってくる。一緒に旅行をしている友人や家族を長時間待たせるのは気が引ける。特に頻尿の人は何度もトイレに行かなければならないので大変だ。

 高速道路の渋滞に巻き込まれると、不安でたまらなくなるという人は多い。サービスエリアに入るたびに必ずトイレに行くのだが、なぜかまた尿意に襲われる。すぐに次のパーキングエリアでトイレに駆け込むも、ほとんどおしっこは出ない。これは何かの病気? それとも気持ちの問題なのだろうか?

 

 薬剤師の手塚智子先生に話を聞いてみると、

「尿がまだ残っているような感覚のことを残尿感といいます。大腸菌などの細菌が膀胱に侵入すると「細菌性膀胱炎」になり、膀胱や尿道の知覚過敏による残尿感が生じます。精神症状が関わっているとされる「間質性膀胱炎」では、炎症が起きていなくても残尿感が生じることがあります」


 なんだか穏やかではない。それは女性の心と体の問題をクローズアップしているWEBメディア『健タメ!』のこんな記事からもうかがえる。

『菜津美さん(31歳)は職場で誤解されてピンチに陥っていた。原因は菜津美さんのトイレタイムが長すぎることだった。
 尿がまだ残っているような感覚があるので立ち上がれず、トイレに5分ほど籠ることもある。その上、頻尿でトイレに行く回数も多い。これでは疑われても仕方ないかもしれない。
 ある日のこと、職場のお局から「あなたそんなにサボってどこで何してるの? 彼氏に電話でもしに行っているの?」と言われた。トイレを理由に仕事をさぼる女だと思われている?
 このことは上司の耳にも入り、みんなの前で注意されてしまった。たまりかねた私は、「違うんです! 膀胱炎でトイレが近いし時間もかかるんです!」と男性社員の多い職場で衝撃の告白をするはめに。
 それ以来、「仕事をさぼる女」とは思われなくなったものの、今度は「膀胱炎の女」と皆に思われるようになってしまった! こんなの嫌だよ……』

 

(『健タメ!』より)

 

 膀胱炎は人にはあまり知られたくない悩みだ。周囲から「膀胱炎の女」と思われ続けるのは苦痛だろう。トイレの時間を短くして、皆のイメージを変えていきたいところだ。「菜津美さん」はどのような対策をすればよいのだろうか。

 そこで当サイトは『健タメ!』の編集部にお願いして、前出の手塚智子先生に菜津美さんの症状を分析すべくお話を聞いた。

「まず普段よりも水分を多めにとるようにしましょう。尿の量が増えれば、膀胱の中の細菌を尿とともに洗い流して細菌が増えるのを抑えることができます。利用作用のある小豆、緑豆、大豆、豆腐、豆乳、レタス、スイカといった食材をとるのも効果的です」

 

 なるほど、水分や食事の摂取に気を配る必要があるというわけか。欲をいえば膀胱炎の症状に悩まなくて済む体質に変わりたいところだが、何か良い方法はないのだろうか?

 

「根本的な改善を目的とするのであれば漢方薬の服用もオススメです。八味地黄丸(ハチミジオウガン)には、頻尿症状のある方の体を温め、膀胱や尿のトラブルを改善する効果があります。排尿をスムーズにして細菌を排出し、膀胱粘膜を保護する猪苓湯(チョレイトウ)なども良いと思いますよ」(手塚智子先生)

 菜津美さんが膀胱炎を改善し、トイレタイムが短くなる日は来るのだろうか。頻尿や残尿感の症状に悩んでいる方は、一度漢方医に相談してみるのがオススメ。

 

取材&記事:TABILISTA編集部/
「健タメ!」 
https://www.kamposupport.com/kentame/archives/8963