文と写真/歯黒猛夫

 

ヤンキーやDQNといわれる若者たちにも、地域性というものが存在する。地元が大好きで上下関係に厳しい「地方型」と、さほど地元に固執せず縦のつながりも強くない「都市型」だ。大阪でいえば、地方型は泉州や南河内に多く、都市型はそのほかの地域といえよう。

そして、とくに都市型ヤンキーの多いのが北河内と中河内。北河内地域のうち、守口市、門真市、寝屋川市、枚方市を走るのが京阪本線である。

北河内は、淀川水運や京街道(大坂街道)で京都と大坂を結ぶ中継地として古くから栄えていた。京阪本線が通じるとベッドタウンとして早くから注目を浴び、その利便性の高さなどから多くの工場も建設される。なかでも地域に強い影響をあたえたのが松下電器産業、現在の「パナソニック」だ。

世界屈指の電機メーカーであるパナソニックの企業城下町として門真市周辺は開発がすすめられ、人口も増え、住宅が建ち、インフラも整備されていく。高度経済成長期に入ると、その傾向はますます顕著となり、新旧の住民が入り混じった状態となる。ただし地域の発展は、そこまでだ。

北河内に開発の余裕がなくなると、北摂や泉北にニュータウンが建てられ、ベッドタウンの役割は停滞してしまうことになる。新しかった町並みは、時代を経ることで古ぼけたものになってしまう。

いま京阪本線の高架上から北河内の風景を見おろすと、ポツンポツンと真新しいマンションも見られるものの、戦後に建てられたであろう住宅やアパートが多い印象を受ける。この光景は、そのまま住民の気質も表している。それが冒頭で説明した「都市型ヤンキー気質」である。

60年代後半から70年代にかけての爆発的な住民の流入で、京阪本線界隈には下町が形成された。商店街やショッピングモールがつくられ、駅前には飲食店が軒を連ねる。ただ、普段の生活は地元でまかないこそすれ、特別な買い物や食事は大阪市内まで足を伸ばす。遊びに出かけるのも同じだ。土日だというのに、街は閑散としている。 

そのため、住むには便利だが特別な愛着が持てるほどでもない。「何が何でも地元」「地元大好き!」という意識は比較的低く固執することもない。中学高校の先輩・後輩関係はあっても地域内での上下関係は、さほど気にしない。だからといって地元が嫌いかと聞かれれば、「嫌いじゃない」「好きだと思う」という答えが返ってくる。

北摂ほども洗練されてなく、南河内や泉州ほど自然が豊かではない。とくに田舎でもないが、大阪市内に比べると都会ではない。そんな「そこそこ」「まあまあ」という形容が似合うエリア。それが京阪本線の北河内界隈といえるだろう。

 

keihan_limitedexpress

淀屋橋駅に停車中の「京阪特急」。京阪電鉄には通常の特急列車のほかに、大阪市と京都市をノンストップで結ぶ快速特急「洛楽」や全車両有料座席指定の「京阪ライナー」がある。

 

tenmabashi_sta

1910年の開業当時、京阪電気鉄道の始点駅だった「天満橋駅」。京阪電鉄は蒸気が主流だった淀川水運の代わりとして設立。路線は淀川に沿うような形で敷かれ、天満橋駅の側には2000年に観光施設として開設された「八軒家浜船着場」がある。

 

moriguchi_syuku

京街道(大坂街道)の宿場として栄えた「守口宿」の跡地で、豊臣秀吉が築いた淀川左岸の堤防「文禄堤」の上に位置する。東海道53次は淀宿、伏見宿、枚方宿、守口宿を加えて57次とする意見も存在する。

 

Panasonic

パナソニック本社の敷地内にある「パナソニックミュージアム松下幸之助歴史館」。1917年に松下幸之助が大阪府東成郡(現・大阪市東成区)で創業した同社は、現在の大阪市福島区を経て1933年、門真市に大規模工場を建設。そこから門真市の企業城下町としての歴史が始まった。

 

kayashima_kusu

萱島駅の3・4番線ホームをつらぬくクスノキの大木。樹齢700年とされる萱島の神木で、1972年の高架化工事で伐採される予定だったが、寝屋川市民の要望を受け入れる形で保存が決定。1983年に、萱島駅は「大阪都市景観建築賞奨励賞」を受賞し、クスノキ自体も「大阪みどりの百選」に選ばれている。

 

hirakata_park

京阪電鉄の子会社が運営する遊園地「ひらかたパーク」、通称「ひらパー」。開園から継続して営業し続けている遊園地としては日本最古。かつて関西には、宝塚ファミリーランド、神戸ポートピアランド、近鉄あやめ池遊園地、甲子園阪神パーク、みさき公園など、大手私鉄の運営する遊園地が多く存在したが、ほとんどは廃園となっている。