重量級のルーツ・レゲエ/マイケル・プロフェットとホレス・アンディ

 この日のメクデシェットは夜8時にダビデの塔でジャマイカの伝説的歌手二人、マイケル・プロフェットとホレス・アンディによる重量級のルーツ・レゲエから始まった。途中で最前列を離れ、ドリンクバーで友人たちと話していると、プレス担当のキムが僕を見つけて話しかけてきた。

 「ナイト・ストロールの前にもう一つ見せたいプログラムがあるの。ここから歩いて10分ほどの所よ」
 「もちろん行こうよ!」
 彼女が向かった先はダビデの塔を出て西に進んだ高級ホテル街の裏にある古いカルチャーセンターだった。受付の女性にプレスパスを見せると、なぜかシーツと枕カバーを渡された。これは一体? 会場に一歩足を踏み入れると、広い部屋には一面マットレスが敷き詰められ、その奥にはDJブースと小さなライブステージがあり、DJがゆる~いモンド~アンビエント・ミュージックをプレイしていた。照明はピンク色で、日本的な感覚だといかがわしい場所に来てしまった気分になる。

 「これは『Glorious Dreams』というプログラムなの。参加者は自分の好きな場所に寝そべって、DJがその場でプレイする快眠のための音楽を聴きながら朝まで過ごすのよ。いわば快眠のためのDJパーティーなの」

 踊るためのDJパーティーではなく、快眠、良い夢を見るたけのDJパーティー! 日本でもこんなDJパーティーやれたら楽しいだろうなあ。これはフェスで疲れた足腰に最高にうれしい! さっそくマットレスにシーツを広げ、横になって、音を楽しむ。しかし、僕にはこの後、ナイト・ストロールが待っている。このまま朝まで爆睡なんてしてはいけない……。

 

 ダンスホール・レゲエの歌手、マイケル・プロフェット。彼は昨年12月に60歳で亡くなってしまった

mekudeshet3
メクデシェット四日目、ダビデの塔のメインステージはジャマイカの伝説二人から始まった

mekudeshet3ダンスホール・レゲエの歌手、マイケル・プロフェット。彼は昨年12月に60歳で亡くなってしまった

mekudeshet3同じくレゲエのレジェンド、ホレス・アンディ。倍音たっぷりの声は全く衰えていなかった!
mekudeshet3
深夜のカルチャーセンターでは快眠のためのDJイベント「Glorious Dreams」が行われていた。
mekudeshet3
DJがジ・アート・オブ・ノイズの名曲「ロビンソン・クルーソー」をプレイしていた