文と写真/歯黒猛夫

 

 JR奈良線の前身は私鉄の奈良鉄道であり関西本線は関西鉄道、学研都市線(片町線)は浪速鉄道で阪和線は阪和電気鉄道だ。このように、大手私鉄と並走するJR線の多くは私鉄をはじまりとする。そのなかで例外といえるのがJR京都線である。

 京都線は東海道本線のうち京都~大阪間の通称だ。全区間が開業したのは1877年だが、京都府の向日町駅から大阪駅間はその前年に通じていて、高槻駅や茨木駅もこの年に開かれている。この京都線と並行しているのが阪急京都本線で開業は1921年。しかも当初は阪急でなく京阪の路線だった。

 

 東海道本線は東京神戸をつなぐ日本の鉄道大動脈だが、運賃は高かった。そこで、低価格で京都と大阪を結ぶために設立されたのが京阪電鉄だ。やがて京阪は北摂地域での路線施設を計画。新京阪鉄道という子会社を設立し、新京阪線として天神橋駅から京都の西院駅間を開通させる。1930年に京阪と新京阪は合併し、京阪京都駅(現大宮駅)が開業したのはその翌年のことである。

 しかし戦時中の交通統制のため1943年、京阪電気鉄道と阪神急行電鉄(現阪急)は合併して京阪神急行電鉄となる。戦後に合併は解消され京阪は元の路線状態に戻すことを主張したが、阪急は拒否。新京阪線は阪急の京都本線として存続されることになったのだ。

 

 現在、阪急京都本線の通る大阪の自治体は大阪市、吹田市、摂津市、茨木市、高槻市、島本町。そして、テレビ番組で取り上げられるほど有名なのが茨木市と高槻市のライバル関係である。

 市長が対談で指摘するほど、両市のライバル意識は高い(茨木市HP 参照)。だが、人口や面積で比較すると高槻市は約35万人で105.29㎢、一方の茨木市は約29万人、76.49㎢と高槻市に軍配があがる。主要駅の乗車人数で比べても、JRの高槻駅は約5万人、茨木駅は約3万6000人となっている。

 このように数字の上では、高槻市が優位にある。街を歩いてみても、高槻市のほうが新しい住居やマンションが多く、店舗や人出も多い。とくにJRから阪急に通じる商店街は、都心の繁華街に引けを取らないにぎわいぶりだ。

 しかし、両市の成り立ちを考えれば事情は変わってくる。高槻藩3万6000石の城下町として発展した高槻市に対し、茨木市は市制施行前の村町時代、高槻も属していた三島郡の郡役所が置かれていた。つまりは地域の中心地である。江戸時代に栄えた高槻市と明治時代に中心地となった茨木市の確執がはじまる。さらに、郡部に1中学校の原則にのっとって1895年に大阪府第四尋常中学校が開校。現在の府立茨木高校である。

 茨木高校は府下でも屈指の進学校で、パナソニック会長の津賀一宏氏、作家の川端康成も同校の出身だ。また元女学校だった府立春日丘高校も茨木市に位置し、こちらも地域屈指の進学校である。つまり公立高校出身の地域エリートは、茨木市で青春時代を過ごしたといっても過言ではないのだ。

 数字だけでは知ることのできない差異が、両市には漫然と横たわっている。真新しいイメージのある高槻市と、落ち着いた印象の茨木市。その雰囲気を、実際に足をはこんで体感することをおすすめしたい。

 


hankyu_train

大阪メトロ「天下茶屋駅」に停車中の阪急電車。阪急京都本線は地下鉄筋線に直通乗り入れをしているため、関空からは梅田まで出なくても乗り換えができる。ただし、京都河原町駅までの特急は本数が少ないので注意が必要。

 


hankyu_seat

阪急電車の座席シート。阪急の車両は外観の「阪急マルーン」が有名だが、シートの「ゴールデンオリーブ」も特徴となっている。

 


Ibarakidouji

茨木市に残る伝説の鬼「茨木童子」の石像。平安時代に京で暴れまわった酒呑童子の家来とされ、茨木市は茨木童子の出生地の1つとされている。

 


takatsuki_sta

JR京都線の高槻駅。JRと私鉄が並走する大阪の駅では、「堺駅」や「岸和田駅」のように私鉄が自治体の中心駅であるパターンが多い。これは私鉄のほうが現在のJRである省線や国鉄よりも先に敷かれたため。ただJR京都線は阪急京都本線よりも早く開業したので、高槻市と茨木市では「高槻駅」「茨木駅」というふうに、JRが中心駅となっている。ちなみに、阪急京都本線では「高槻市駅」「茨木市駅」である。

 


Takatsuki castle park

幕末まで続いた永井氏の居城である「高槻城」の城跡公園。高槻城は10世紀末に建てられたとの伝承があるものの、本格的な築城は戦国時代に入ってから。歴代の城主の中でもっとも有名なのがキリシタン大名だった高山右近。三重の天守があったともいわれているが、現在その痕跡はほとんど失われている。