文と写真/タカヤマコジロー

 

なにしろラーメンが好きなもので。
わざわざ飛行機に乗って、名古屋にラーメンを食べに行ってきました。

東京から名古屋へ飛行機?」

今回の旅、当初は名古屋ではなく、三重のラーメン巡りの予定だった。
2019年のの旅と同じ格安ルートの羽田空港-中部国際空港(セントレア)、空港隣接の港から高速フェリー、特急バスと乗り継ぎ、お伊勢参り。
そして、伊勢市から松阪市、四日市市を経て、名古屋に向う麺ロード2泊3日。

ところが直前になって減便で1日2便→1便に。しかも朝便(羽田8:15発)が欠航。もちろん欠航の場合、変更及び取消は無料でできるのだが、今回は東京に戻らずに、セントレアから札幌へ向かう旅程。チケットを連続で取っていないので、セントレア-札幌、札幌-羽田のチケットは、取消料50%がかかるという(泣)。

というわけで、夜便(19:10-20:10)に変更して、お伊勢参りはやめて「尾張名古屋」のラーメンを堪能だ。

羽田から夜出発するのは久しぶり。バブルなころ、地方取材&打ち合わせは前乗りなんてこともあったが、もうそんな時代じゃない。早めに空港に着き、先日に引き続き第2ターミナルの「The Minatoya Lounge」(港屋)に立ち寄り、軽く「冷たい肉そば(小)」(850円)を啜る。JALサクララウンジにて飛行機を眺めながらいつものビール。夜のラウンジビールはゆったりできて格別だ。

 
「The Minatoya Lounge」(港屋)
JALサクララウンジ