文と写真/タカヤマコジロー

 

名古屋後編、

ホテルをチェックアウトして、栄の和菓子「川口屋」にて、お土産にわらび餅を購入。名古屋に来たら必ず立ち寄る名店だ。

天気がいいので電車には乗らず、栄から歩いて25分ほど、地下鉄の錦橋と名駅の中間にある中華料理店「江南 柳橋本店」に。

 

 

「江南 柳橋本店」/錦橋

 

大通りに面したビルの少し下がった入り口の「江南 柳橋本店」。テーブルとカウンターの広い店内に入ると満席。タイミングよく、すぐにテーブル席に案内される。清潔感があり、店員さんの対応よく活気あふれる。

昼はラーメン、ミニラーメンのランチセットが人気のようだ。中華の単品メニューが豊富で目移りするが「柳麺+小炒飯のラーメンセット」(1,000円)を注文する。

 

 

「江南 柳橋本店」柳麺

透明感のあるきれいなスープをひと口啜る。国産の豚骨(げんこつ)とフレッシュな鶏ガラで丁寧にとられた「ザ・中華スープ」に、少し甘めの醤油のカエシがほどよく、クセがなくまろやか。あっさりなのにコクがあり旨い。

 

「江南 柳橋本店」柳麺

 

 

ストレート細麺はツルツルの多加水麺でスープと好相性。しなやかな食感、歯応え、喉越しがいい。

肉の旨味が詰まったチャーシュー、たっぷりのネギ、もやしの加減もよく、まさに昔ながらの中華そば。後半は胡椒、ラー油を入れて味変もいい塩梅。

 

 

「江南 柳橋本店」小炒飯

鮮やかな紅生姜が添えられ刻みチャーシューの旨味がたっぷりの炒飯。

小といってもかなりのボリューム。塩味、炒め具合、油もよくパラパラ食感で旨い。あっさりしたラーメンスープとの相性もバツグン。スープをかけて茶漬けにしてもいい。

街中華のラーメンと炒飯のセットって、最強だ!

 

 

「江南 柳橋本店」柳麺+小炒飯のラーメンセット

また食べたい、クセになる旨さ。

おいしかったです。ごちそうさま。

 

「江南 柳橋本店」