歴史がある――というよりも、沿線の開発が遅れたためか、南海線には特徴のある駅が多い。そのなかでも、南海汐見橋線にはマニア垂涎ともいえる駅舎が残されている。

 汐見橋線は南海本線・高野線の岸里玉出駅から汐見橋駅まで延びる支線である――といいたいところだが、正式な南海高野線の起点は汐見橋駅だ。汐見橋駅は1900年に開業。当時は「道頓堀駅」と呼ばれ、現在の駅名になったのは翌年のこと。当時は高野線の前身である「高野鉄道」のターミナルだったのだ。
高野鉄道は1915年に大阪高野鉄道と改称し、1922年には南海電鉄と合併。それでも大阪市内から高野山へ向かう入り口は汐見橋駅であり続ける。かなり年配の人は今でも「和歌山へは難波から、高野山へは汐見橋から」といい、難波始発がほとんどになった時代でも汐見橋から高野線への直通する列車は残されていた。しかし1985年の立体交差工事により、高野線への線路が分断。汐見橋線は完全に支線あつかいとなってしまったのである。

 

 そんな汐見橋線は、西成区から浪速区という大阪の下町を走っている。列車は2両1編成のワンマンで、30分に1本ピストン運行するだけ。駅の数は6つで、まず取り上げたいのが西天下茶屋駅である。開業は1915年で駅舎は昭和初期の建造といわれ、設計者などの詳細は不明だが、モダンな近代建築でありながら下町情緒の残る周囲の風景にマッチ。とはいえ、大きな地震がくれば簡単に倒壊してしまいそうな危うさをはらんでいる。

 西天下茶屋駅から次の津守駅をへて、到着するのが木津川駅だ。この木津川駅、1日の乗降人数が平均で141人と大阪市内の駅では最少で、しかも駅前にはトタン壁の工場と雑草が茂った荒れ地がひろがっているだけ。商店はおろか自動販売機もなく「大都会の秘境駅」という異名がある。

 ただ木津川駅が寂れたのは70年代ごろからの話であり、かつては貨物駅兼用として大いににぎわっていた。とくに大正区に貯木場のあったころは、和歌山県で伐採された材木が運び込まれ、積み下ろしの駅として重要な役割を担っていた。現在も当時の名残として、貨物側線が施設されたままだ。

 木津川駅から芦原町駅を過ぎると終点の汐見橋駅。かつて高野線のターミナルというだけあって、改札前のスペースは広くアーチ状の梁がある天井も高い。この汐見橋駅、昭和の終わりから平成の初めにかけて脚光を浴びたことがある。「なにわ筋線」の整備計画によるものだ。

 大阪駅からJR難波駅および新今宮駅をつなぎ、新大阪駅から関西国政空港駅までの直通も可能になる路線として計画されているなにわ筋線。当初はJRと南海線を汐見橋駅で接続させる予定だったが、その計画は中止となり、一時は汐見橋線の存続も危ぶまれることになる。「今のところ廃止の計画はない」と南海側はコメントしているが、将来的にはどうなるかわからない。

 「都会の中のローカル線」に乗って今回紹介した3駅を訪ねる機会は、そう多くないのかもしれない。