先日、ひょんなことから
大阪の平野に、地獄を体験できるお寺がある」
という聞き逃せない情報をゲーット! 

さっそく写真映えする晴天の日、JR平野駅に降り立ったが瞬時に後悔した。

暑い……。容赦なく紫外線が降り注ぎ、地獄体験する前から灼熱地獄ではないか(泣)。今回の目的地「全興寺(せんこうじ)」は、駅から約15分。汗ばむ手でスマホを持ち、モーローとなりながらナビが指すほうに足を進める。

やっと着いた……。平野本町通商店街を歩くと突如「ウソをつくと舌をぬくぞ」という看板がお出迎え。なるほど、ここが「地獄から極楽までを体験できる」とうわさの全興寺!

 

鬼や炎のおどろおどろしいイラストと、その上にあるピンクの「ほとけのくに 駄菓子屋さん博物館」看板とのギャップが最高。
本堂は大阪府下で最も古い木造建築物の一つ。1400年前、聖徳太子が薬師如来を安置したことが始まりとされている。

さて、ウワサの地獄体験をしてみようではないか。さっそく寺務所で「地獄通行手形」(100円)を購入。

 

これは一度購入したら繰り返し使えるそうだ。
「何度でも地獄に入れますよ」
何度でも地獄に入れる……。なかなかのパワーワードである。

いざ地獄堂へ。が、その前に「地獄度・極楽度チェック」で己の腹黒さを閻魔様にチェックしていただかねばならない。

 

自分にあてはまるほうのボタンを押していくと、最後にエンマ様が判定してくれる。私は「極楽行き」だったが、2・3の質問でいい子ぶりっこをしてしまった……。