というわけで、一条もんこ先生にもう一品、韓国海苔と相性抜群のカレーを作っていただきました。韓国産のアナゴを使ったカレー炊き込みごはんです。やはり夏はカレーが一番!こちらもまたメチャクチャおいしいのですよ。



 一口大に切った煮アナゴの食感にコチュジャンがピリッと効き、カレーの香ばしい匂いが食欲をそそります。赤いトマトの色味も韓国っぽいですね。さらに韓国海苔で巻いて食べると一気にコリアンテイストが増しますよ。

 

おにぎりにして外で食べるのもオススメです。 

 

韓国アナゴのカレー炊き込みご飯【レシピ】

[材料]

  • 白米 2合
  • 鶏ガラスープ 380cc
  • 煮アナゴ 120g 一口大に切る
  • 玉ねぎ 100g 粗みじん切り
  • トマト(水煮) 100g
  • コチュジャン 大さじ1
  • カレー粉 大さじ1.5
  • サラダ油 大さじ2
  •  小さじ1

 

[作り方]

  1.  白米を研ぎ、鶏ガラスープと共に炊飯器に入れておく。
  2. フライパンにサラダ油を熱して玉ねぎをこんがりと炒め、トマトコチュジャンカレー粉を加えてよくなじませる。
  3.  2とアナゴを炊飯器に入れて軽く混ぜ、白米モードで炊く。

 

 


韓国アナゴのカレー炊き込みご飯

 

 

 韓国水協中央会によると、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、一人で簡単に食べられる加工食品がないかという問い合わせが増えたそうです。今までなかったニーズですが、あわび入りの冷凍チャーハンなど電子レンジで温めて簡単に食べられる商品なども充実しているとのこと。実際にこうした加工食品を手軽に購入できるお店も増えてきました。冷凍アジやレトルトのアサリスープなどもあるそうです。ご自宅で試してみてはいかがですか。

 

韓国海苔とチャンジャ。最近は本場のものが日本でも手軽に手に入るようになった。

写真/三沖直文

協力/韓国水協中央会 東京貿易支援センター