この連載は、カレーをはじめとしたスパイス料理をもっと世の中に広め、「カレーの母」と呼ばれるようになる野望に燃えた、スパイス料理研究家の一条もんこが、みんなにもっともっとカレーを食べてもらうべく、あたらしく素敵なカレーを考案し、世に問う企画である。毎月TABILISTA編集部 コージー中嶋からの“ムチャ振り”ともいえる「お題(課題)」に対して、果たして一条もんこは、どんな解答や提案で応えるのか?

 

 

コージー
毎日暑くってもう夏バテです(涙)。 もんこさんはあいかわらず精力的にお仕事されてますが、最近もイベントやテレビ番組出演のお仕事も多いですねぇ。


もんこ
この前、新潟の商工会議所(金属工業組合)で講演会をしたんですよ。


コージー
へぇーどんな「お題」だったんですか?


もんこ
「新潟を “カレー県” にする」っていうテーマでした。 カレーで町興しや地域の活性化をするっていう。

 

カレーで世界を幸せに♡

 

コージー
それはすごいですねぇ。まさに「もんこ先生」ですねw


もんこ
最近けっこう講演会のお仕事も増えてきたんです。こういう機会が増えてきたのは、今までのコロナ禍の状況とは違ってきたのかな?という感じで喜ばしい限りです。 もちろん感染予防の対策をキチンとした上でですけど。

 

カレーで経済も回します

 

コージー
そうですね。コロナ禍になって “もう3度目の夏” ですもんねぇ。 経済回していかないといけませんしね。 ところで、お題の『夏バテでも食欲をそそる “涼” を感じるカレー』できましたか?


もんこ
バッチリです! 「“涼” を感じるカレー」できましたよ!!

 

さては昨日も「事故物件モノ」観たな?