その後、街のいたるところに大小さまざまな廟があることを知った。なかには行天宮(台北)のように厳粛なものもあるのだが、小さい廟のほとんどが服装を気にせず、誰でも気軽に立ち寄ることができる。買い物帰りや散歩の途中にちょうどいい寄り道スポットだ。

台北市内にある行天宮。街なかにある厳粛な廟のひとつ。お参りのルールなども定められている

 でも、そんなカジュアルな雰囲気とは裏腹に、台湾人の祈りはいつだって真剣だ。商売、学業、恋愛などなど、大きな悩みから小さな悩みまで廟の神様に聞いてもらいに行く。それは観音様だったり、媽祖様(台湾の海の女神様)だったり、関羽や孔子だったりで、目的によって行く廟も異なるようだ。

海の女神、媽祖を祭る鹿港天后宮
台湾各地には海の女神、媽祖様が祀られている。これは馬祖島にそびえる台湾最大の媽祖像