夏ですね〜。夏といえば旅ですね! 先月、タビリスタの関連サイトでもある日刊大衆のボートレース連載にて地元・尼崎で開催された「SGオーシャンカップ」で原稿料1本分くらい負けた筆者です。癒やされたい……。美味しい食事と酒が飲みたい。というわけで真夏の京都へ傷心旅行をしてきました。

 

女子旅のはずが急遽ぼっち傷心旅に

祇園祭の巡行が終わると解体される山鉾

宿泊ホテルは4000円程とお得

 当初の予定では友人と飲んだくれ女子旅のはずだった。しかし出発3日前、友人から「ちょっと風邪っぽくって……」との連絡が。今の時期ですし、念の為やめておいたほうがいいのでは? こうして、急遽ぼっち旅になったのである。

 さらにしくじった。7月の京都は祇園祭の真っ最中。山鉾巡行を見たい!と張り切って行ったのに、私が到着したときにはすでに巡行は終わっていた。宿泊ホテルの近くで偶然、見かけたのはこれから解体されるであろう山鉾の姿。どうやら、来るのが遅かったみたい……。

 

四条の隠れた路地に入ると…

めちゃくちゃカッコイイロックバーが

 だが、今回の旅の目的は他にもあった。宿泊するホテルがレイトチェックイン&チェックアウトなのだ。これは深夜まで飲むしかないだろう。この日、やってきたのは四条にあるロックバー。Google Mapでたまたま見つけたのだが看板もなく隠れ家感がすごい。

 音楽をやっているオーナーの趣味で、店内にはクラプトンやニルヴァーナなど70〜80年代のレコードが溢れる。ウーロンハイとワインをしこたま飲んだ後、

♪「WHAT A FEELING~‼」

 常連客のお姉さんとIrene Caraの「フラッシュダンス」を踊ったところで記憶が途切れたのでありました……。