「桃源 銀杏通店」/花畑町

夜はアーケード街に戻り軽く飲んだあと、熊本のソールフードといわれる「太平燕」を食べてみようと中華食堂 「桃源」を訪れる。「太平燕」とは、見ためは長崎ちゃんぽん、麺はヘルシーな春雨麺だという。実はまだ食べたことがない。

カウンター席で、まずはビールを飲みながらメニューを眺める。中華料理店だからメニューは豊富だ。周りのお客さんのオーダーはほとんど、こちらの40年来の名物という「皿うどん」。

確かに隣のお客さんが食べている、揚げたパリパリ麺に餡がかかったちゃんぽん(皿うどん)旨そう!
ところがメニューをよく見るとこちらの名物「皿うどん」は、ちゃんぽん麺を使った焼きそば風。「焼きそば」が、一般的にイメージするいわゆる「皿うどん」のようだ。

本来の目的だった「太平燕」か、それとも名物「皿うどん」か。悩んだ末に「焼きそば(ぱりぱり麺)」を注文する。

「桃源 銀杏通店」焼きそば

熱々で野菜、肉、具沢山の餡がたっぷりで溢れんばかり。ぱりぱりの麺と絡めて食べると旨い。
徐々に麺が鶏ガラベースのスープ(餡)を吸ってしなやかになり、絶妙なバランスで旨い。ビールにとてもあう。

次回は名物「皿うどん」を!
おいしかったです。ごちそうさま。

「桃源 銀杏通店」