子連れで家族旅行に出かけるなら夏が一番かもしれない。子どもの夏休み中なら旅行のスケジュールも立てやすい。ただ、ちょっと心配なことがある。それは猛暑による体調への影響だ。熱中症とまではいかなくとも、暑い日が続くと体調を崩しやすくなる人は多い。夏バテで体力を奪われると、せっかくの旅行も楽しめなくなってしまうだろう。

 それは女性の心と体の問題をクローズアップしているWEBメディア『健タメ!』のこんな記事からもうかがえる。

『美香さん(47歳)は夏バテのせいか、ちょっと近くのスーパーにいくだけでもヘトヘトになってしまう。涼しい部屋に戻ってからもだるさと胃のムカムカでやる気が出ない。特におっくうなのが食事の支度だ。夫がリモートワークで自宅にいるので、毎食美香さんが準備しなければならない。
 そんなときに重宝するのが、ゆでるだけで簡単に準備を終えられるそうめんやお蕎麦。もともと胃がむかむかして食欲がない美香さんにとってはこれくらいの軽食で十分。ただし、夫はそうめんとお蕎麦だけではもの足りないのか、自分で冷蔵庫をガサガサあさっておかずになるものを探しているようだ。
 夏バテにともなう吐き気さえ治まれば、夫に何か美味しいものを作ってあげたいと思うのだが……。良い改善方法はないだろうか?』

『健タメ!』より)

 暑い日にそうめんやお蕎麦で食事を済ませたくなる気持ちはよくわかる。ただ、毎食それでは栄養バランスも崩れ、体力が低下してしまわないか心配だ。「美香さん」が夏バテから回復するにはどうしたらよいのだろうか?