現在でこそ、鉄道のおもな乗客は通勤や通学で利用する人だ。しかし、まだ鉄道が敷かれて間もないころは地元で働く人が多く、利用客のほとんどはレジャーを目的としていた。古くからの風習と思われがちな正月の「初詣」も、鉄道会社のキャンペーンがはじまりだといわれている。

 そんなレジャー客の奪い合いで、熾烈な争いを繰り広げた路線がある。南海本線とJR東羽衣線だ。東羽衣線は、鳳駅と東羽衣駅を結ぶJR阪和線の支線である。東羽衣駅に近接するのが南海本線の羽衣駅で、相対式の2面2線ホームながら急行が停車する。

 この羽衣駅、所在地は高石市で、下りの次の駅は高石駅だ。高石駅は島式ホーム2面4線構造。市の名前を冠しているし駅の規模も羽衣駅より大きいのだから、こちらが高石市のメイン駅ととらえて間違いはない。だが、特急どころか急行も停車しない。つまり、羽衣駅を出た普通電車は、高石駅で特急や急行を待避することになる。そんな、いびつともいえる両駅の関係だが、その原因となるのが浜寺公園だ。

 浜寺公園は白砂清松で知られる景勝地であり、日本初の公立公園でもある。最寄りの駅は浜寺公園駅だが羽衣駅からも近い。しかも、公園の南端にある高師浜には日露戦争時、ロシア兵俘虜収容所も建設される。戦後、収容所は陸軍宿舎として活用されるが、宿舎跡地を利用した宅地開発が進み1919年に高師浜線が全通。起点は羽衣駅である。

 これらの理由から、当時は高石駅(元・葛葉駅)よりも羽衣駅の方が利用客は多かった。戦後になってもそれは変わらず、1946年ごろ羽衣駅は急行停車駅となったのだ。さかのぼること1929年、JR阪和線の前身である阪和鉄道が羽衣駅のすぐ近くに駅を設ける。それが東羽衣駅、当時の阪和浜寺駅だ。

 阪和浜寺駅は、浜寺公園と公園の海岸に開かれた海水浴客の観光需要に目を付けて建てられた。東羽衣線は今でこそピストン運行だが、開通当時は天王寺駅からの直通列車も走らせていた。

 黙っていないのが、先に浜寺に進出していた南海だ。両社は対立し、乗客の奪い合いをめぐってバトルが勃発。呼び込み合戦で社員同士による取っ組み合いの暴力事件も起き、南海側が踏切でわざと低速運転する嫌がらせもあったという。この背景には阪和鉄道とともに海水浴場を開いた大阪朝日新聞社と、南海と共同で独自の海水浴場をつくった大阪毎日新聞社の確執が大きかったともいわれる。

 しかし、1940年に阪和鉄道は南海電鉄へ吸収合併され南海山手線となり、バトルは終結。翌年、阪和浜寺駅は山手羽衣駅と改称する。1944年に南海山手線は国に買収され、山手羽衣駅は現駅名となった。

 浜寺公園は、1945年から1958年までアメリカ軍に接収され、その3年後に泉北臨海工業地帯の埋立造成が始まり、海水浴場は姿を消した。それでも羽衣駅や東羽衣駅界隈には料亭やホテルが立ち並び賑わいを見せていたが、徐々に衰退。現在、駅周辺に往時をしのぶ風景は、ほとんど残されていない。

higashihagoromo_train

東羽衣駅に停車中のJR阪和線の車両。途中で停車する駅もなく、約1.7km単線を1台のワンマンカーがピストン運送している。だが、列車は4両編成でダイヤも15分に1本と支線としては比較的多い。