文と写真/タカヤマコジロー

 

なにしろラーメンが好きなもので。
わざわざ飛行機に乗って、奈良にラーメンを食べに行ってきました。

奈良は2019年以来のラーメン旅になる。奈良は大阪京都の名店のラーメンの影響を受けながらも独特の鶏出汁+豚出汁のラーメン文化がある。
アフターコロナ、10月11日より「全国旅行支援」も始まったが、それ以前は県民、および周辺の近県民だけ対象の「旅行割」が実施されていた。
奈良県独自の「奈良県 いまなら。キャンペーン2022+」は全国民対象だった。宿泊50%割引。地域クーポン平日3,000円と最強。(※10/11以降も継続、全国旅行支援に上乗せされるよう。)格安で2泊3日ゆったりの奈良ラーメン旅となった。

JAL羽田-伊丹間、最安値(7,710円)の始発に乗り、伊丹空港に07:35に到着。空港内でちょっとコーヒー&煙草休憩。
空港から奈良市内までのアクセスは空港リムジンバスで乗換えなし1時間30分(1,510円)。ただこの日の1軒目は奈良市富雄。奈良駅を経由するより大阪を経由した方が安く、早い。空港リムジンバスで大阪上本町(650円)、近鉄奈良線上本町駅から富雄駅(410円)まで1時間10分ほどで到着。

前回訪れたのは「屋NOROMA」「中華そば おしたに」「ふじ門製麺」「ラーメン家 みつ葉 the second」「麺人 ばろむ庵」(閉店)の5店。今回は新店を含め6店訪れた。前編は、すべて初訪問の3店を紹介。

惜しまれつつ閉店した「麺人 ばろむ庵」(2019)