新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像001
新大久保に住み、働く中国人に愛されてきた『陽光城』(1/6)
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像002
酸っぱ辛くてクセはあるけれどおいしいと評判の螺蛳粉(2/6)
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像003
「めっちゃ売れます」という干豆腐。和えものや炒めものによく使う(3/6)
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像004
冷凍の水餃子は茹でるだけでいいのでカンタン。しかも安い(4/6)
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像005
異文化体験が好きだという朱さんは、コロナ前には東欧によく旅行したそうだ。東欧は中国人ならビザ不要な国が多いとか(5/6)
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像006
レンジでチンするだけの大饅頭400円に、中国風の食べるラー油「老干媽」(298円)をつけて食べるのおすすめと朱さん(6/6)
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像001
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像002
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像003
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像004
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像005
新大久保の老舗中華食材店『陽光城』店長に訊く【越えて国境、迷ってアジア vol.121】の画像006